主人公・ケガレ役に生田絵梨花、Bunkamura30周年のラストを飾る傑作ミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』

主人公・ケガレ役に生田絵梨花、Bunkamura30周年のラストを飾る傑作ミュージカル『キレイ―神様と待ち合わせした女―』
(写真上段左より)阿部サダヲ、生田絵梨花、神木隆之介、麻生久美子、(下段左より)皆川猿時、小池撤平、鈴木杏、橋本じゅん
 2019年12月よりBunkamuraシアターコクーンにてBunkamura30周年記念 シアターコクーン・オンレパートリー2019+大人計画『キレイ―神様と待ち合わせした女―』の上演が決定。主人公・ケガレ役を生田絵梨花が務めることが明らかとなった。

 本作は2000年に大人計画主宰である松尾スズキ・初の本格的ミュージカルとして、Bunkamuraシアターコクーンにて初演。戦争・民族紛争・少女監禁といった、独特な設定やストーリーを松尾ならではの視点で描き、演劇界に大きな衝撃を与えた。その後、2005年に再演、2014年に再再演され、4度目となる今回は、キャストを新たにBunkamura30周年の掉尾を華々しく飾る。

 作品の完成度をあげるべく、今回松尾スズキは出演せず演出に集中し、更に濃密で重層的な作品世界を構築していくという。そして、初演から引き続き音楽は伊藤ヨタロウが担当。一度耳にするだけで心に刻み込まれるような印象深いメロディと作・演出の松尾が綴る歌詞とのコラボレーションによる20曲以上の楽曲が、『キレイ』の作品世界へ観客を誘う。

 舞台は三つの民族が100年の長きにわたり紛争を続けている【もうひとつの日本】。「生と死」「絶望と希望」「大人と子供」など真逆のキーワードが入り乱れる、まさにカオスな世界。誘拐・監禁をされ、地下室で育った一人の少女・ケガレが現実へと飛び出していく。

 主人公ケガレ役には、ミュージカル『モーツァルト!』『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』で第44回菊田一夫演劇賞を受賞し、ミュージカル作品に引っ張りだこの生田絵梨花。松尾スズキ作品には初出演となり、これまで出演してきた作品と一変した本作ではどのような表情を見せてくれるのか注目だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年5月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「西野七瀬」のニュース

次に読みたい関連記事「西野七瀬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤万理華」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤万理華」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「齋藤飛鳥」のニュース

次に読みたい関連記事「齋藤飛鳥」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。