乃木坂46“アンダラ”過去最多1万5000人動員 表題曲なしも「神セトリ」

乃木坂46“アンダラ”過去最多1万5000人動員 表題曲なしも「神セトリ」
乃木坂46 23rdシングル「Sing Out!」発売記念アンダーライブ(24日=横浜アリーナ)
 アイドルグループ・乃木坂46のアンダーメンバーが24日、横浜アリーナで29日発売の23rdシングル「Sing Out!」発売記念ライブ3daysの初日公演を行った。選抜メンバーはいなくとも、チケットは即完売でバックステージまでぎっしり満員。アンダーライブ史上最多の1公演で1万5000人を動員した。

 乃木坂46はシングルごとに選抜メンバーを決め、選抜されなかったメンバーは「アンダーメンバー」として独自の活動を展開する。今作は、選抜メンバーが過去最多22人に対し、アンダーは過去最少の10人。アンダーライブ(通称アンダラ)のオープニングはニューシングル収録のアンダー曲「滑走路」からスタートし、センターは寺田蘭世が務めた。

 今回の横浜アリーナ3days公演はアンダーが先陣を切り、2日目は昨年11月に加入した4期生11人、最終日は選抜メンバーによる内容の異なるライブを3夜連続で展開する。乃木坂46が同所でライブを行うのは2014年2月のデビュー2周年記念ライブ以来5年ぶりとなり、1期生の中田花奈が「覚えてる?」とメンバーに投げかけると、2期生の寺田は「まだ研究生でした」としみじみ。3期生の向井葉月は「私は(観客として)2周年ライブに来ていました。そのとき本当に大好きだった乃木坂46になれてライブをしているので、憧れられるようなすてきなライブにしたい」と目を輝かせた。

 5曲目を終えたところで、グループからの卒業を発表している1期生の斉藤優里と2期生の伊藤かりんが合流。ユニット曲パートでは斉藤が自身のセンター曲「13日の金曜日」を歌いながら大粒の涙をこぼし、伊藤かりんも同期の伊藤純奈と歌った「釣り堀」で冒頭から涙。純奈は「ハモ(ハモリ)だったからちゃんと支えてあげようと思ったんだけど、ちゃんと歌えなくて」とこちらも涙が止まらず、メンバーから「気持ちは伝わったよ」と声をかけられると、割れんばかりの拍手が送られた。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年5月25日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。