朝ドラ“番長”板橋駿谷が月9初出演「神さま、生きててよかった!」

朝ドラ“番長”板橋駿谷が月9初出演「神さま、生きててよかった!」
月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話に出演する板橋駿谷 (C)フジテレビ
 放送中のNHK朝ドラ『なつぞら』の高校生“番長”を34歳ながら演じて存在感を放った俳優の板橋駿谷(いたばし・しゅんや)が27日放送のフジテレビ系連続ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第8話で“月9”枠に初出演することがわかった。板橋は「うれしさで体、爆発するかと思いました!!! 神さま、生きててよかった!って強く思いました」と喜びをめいっぱい表している。

 板橋は、福島県出身の34歳。これまで舞台を中心に活躍し、昨年は、『宮本から君へ』(2018年4月期/テレビ東京系)、映画『ギャングース』などにも出演。満を持して朝ドラで脚光を浴びた。今作では主演の窪田正孝はもちろん、朝ドラでヒロインを演じる広瀬すずの姉・広瀬アリスと初共演を果たすこととなった。

 板橋は「時間はかかったけど、その分、出会ったたくさんの人や時間が俺を作り上げてくれました。有り難いことです、ほんとに。その方々や初めて俺を知る方々にも楽しんでもらえるように精いっぱい演じさせていただきます!!!」とやる気十分。

 「『なつぞら』の現場でも監督をはじめ、たくさんのスタッフの皆様、キャストの皆様、たくさんの方々に助けてもらいました。現場での過ごし方、周りへの気配り、それぞれの芝居の仕方。目で見て、肌で感じることができたので、それをしっかりと形にできるよう生かしていきたいと思います」と気を引き締めている。

 患者の病、けがの根源を見つけ出すエキスパートたちの戦いをリアルに描く同作で板橋が今回演じるのは、古びたアパートで妻の陽子(

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年5月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュース

次に読みたい関連記事「日曜劇場」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「大河ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュース

次に読みたい関連記事「朝ドラ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。