『白い巨塔』慢心は悲劇のもとに…第四夜、物語の舞台は法廷へ 

『白い巨塔』慢心は悲劇のもとに…第四夜、物語の舞台は法廷へ 
5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子『白い巨塔5』第四夜(5月25日放送)より。里見脩二(松山ケンイチ)と財前五郎(岡田准一)(C)テレビ朝日
 テレビ朝日の開局60周年を記念し、22日より5夜連続で放送されているドラマスペシャル『白い巨塔』。山崎豊子不朽の名作として知られる同作が、岡田准一主演でよみがえる。24日に放送された第三夜の概要とあす25日(後9:00~11:10)に放送される第四夜の見どころを紹介する。

 し烈な教授選に勝利し、“浪速大学医学部第一外科教授”という悲願を達成した財前五郎(岡田)は、教授として充実した毎日を送っていた。ドイツの国際医療外科学会からは、講演と手術のデモンストレーションに招かれ、まさに教授としての絶頂期を迎える。

 そんなある日、里見脩二(松山ケンイチ)のもとに佐々木庸平(柳葉敏郎)という患者がやってくる。持病の糖尿病が悪化したため、薬を見直したいという庸平だったが、入念な検査を重ねるうち、すい臓がんの疑いが浮上。里見は財前に執刀を依頼するが、庸平と妻のよし江(岸本加世子)は、財前の尊大な態度に不安を募らせる。

 里見の説得もあり、手術を決意した庸平。しかし財前は、担当医・柳原雅博(満島真之介)や里見の進言にも耳を貸さず、術前の詳しい検査を行わないまま手術の日を迎えてしまう。手術中、柳原は庸平の肝臓に腫大と白い部分があるのを発見。生検に出すべきか相談するものの、財前はその言葉を一蹴し、手術を終えてしまうのだった。

 いよいよ財前がドイツへ発つ日が迫る中、庸平の容態が急変。焦る柳原は里見に連絡をとり、里見は財前を呼び戻すため、空港へと向かう。しかしわずかに間に合わず、財前は笑顔でゲートの中へ。そして柳原たちの必死の治療むなしく庸平の容態は悪化の一途をたどり…。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 岡田准一 ひらパー兄さん
  2. 岡田准一 ドラマ
  3. 岡田准一 宮崎あおい
オリコンの記事をもっと見る 2019年5月24日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「岡田准一 + ひらパー兄さん」のおすすめ記事

「岡田准一 + ひらパー兄さん」のおすすめ記事をもっと見る

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事

「岡田准一 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュース

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。