長谷川博己主演の大河『麒麟がくる』佐々木蔵之介、吉田鋼太郎らイケおじ大集合

長谷川博己主演の大河『麒麟がくる』佐々木蔵之介、吉田鋼太郎らイケおじ大集合
大河ドラマ『麒麟がくる』に出演する(左から)長谷川博己、佐々木蔵之介 (C)ORICON NewS inc.
 来年2020年1月よりNHKで放送される大河ドラマ麒麟がくる』の新たな出演者が17日、発表された。東京・渋谷の同局で行われた記者発表会には、主演の長谷川博己と同世代のイケてるおじさんが大集合。その真ん中に立って長谷川は「本当に期待していただいてかまいません。すごいもの見せられると自信を持っていいます。見せます」と、キッパリ力強く言い切っていた。

 本作は、一般的には本能寺の変で“謀反”を起こした人として知られる明智光秀の若き日から、その謎めいた半生を描く“戦国時代劇”。今回、光秀の生涯のライバル、のちの秀吉となる藤吉郎役には佐々木蔵之介が起用された。長谷川と佐々木、40代の“独身二大俳優”(現時点)の共演が実現する。

 佐々木は「前回の記者発表の時に(長谷川が)『光秀は死なないような気がする』とおっしゃっていたんですけど、そうはいくまい、と思っております」と、メラッと対抗心。「乱暴な言い方すると、光秀がなぜ本能寺の変を起こしたのか、というのを一年かけてやる、ということなのかもしれない。長谷川さんが新しい光秀を演じると思うので、私も新しい秀吉でお手伝いできればと思っております」と意欲を語った。

 今川義元役には『まんぷく』でも共演した片岡愛之助。「先だって『まんぷく』で長谷川さんとご一緒した際、『麒麟がくる』にも出たいな、と話していたので、出演できてうれしいです。でもどうして義元役なのか。僕らが並ぶと『まんぷく』感が出るから、できるだけ一緒にならない戦国武将ということで義元なのかな」と、配役について思いを巡らせながらも、出演できる喜びでいっぱいの様子。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「浅野忠信」のニュース

次に読みたい関連記事「浅野忠信」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュース

次に読みたい関連記事「玉山鉄二」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「伊藤淳史」のニュース

次に読みたい関連記事「伊藤淳史」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。