『わた定』で人気のクール系不器用男子“種田さん”、本人連想させる役が向井理の突破口に

『わた定』で人気のクール系不器用男子“種田さん”、本人連想させる役が向井理の突破口に
ドラマ『わたし、定時で帰ります。』での種田役が好評だった向井理 (C)ORICON NewS inc.
 25日に最終回を迎えた『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)で、主人公・結衣(吉高由里子)の上司にして元カレ・種田晃太郎を演じた向井理。仕事ができるのに不器用…といったギャップが人気となり、放送時は「種田さん」がトレンド上位に入ることもしばしば。最終回前から、「種田ロス」が心配されるほどの人気を博した。これまでクールな役柄も多く、本人もイケメンかつクレバーといった印象を持たれることが多かった向井。どこか本人とオーバーラップした種田役が、中堅俳優となった向井の突破口となるのではないか。

■“できる男”なのに不器用、「これまで見た中で一番のはまり役」

 本作での向井の役柄・種田は、“仕事ができるイケメン”という意味では、これまで向井が演じてきた役柄と大きな変化はない。しかし、仕事に徹しすぎて彼女(吉高)と婚約破談になった過去を持ち、部長に仕事を押しつけられても本音が言えない、周囲に弱みを見せられず部下にそっぽを向かれ、元カノに取りなされる…など、仕事ができて部下思いの理想の上司(しかもイケメン)なのに“どこか不器用”な部分が大きな魅力となった。さらに、酔っぱらって元カノに「今でも好き」と発言してしまうなど、男性の弱さや情けなさ、そして可愛げを見せ、そのギャップがおもに女性視聴者から好評を博したようだ。

 そんな“人間味”のある姿がき、SNSでは「結衣(吉高)ちゃんは種田さんと一緒になったほうが幸せになれる」といった声があふれたり、「最終回前にして“種田ロス”になるなんて…」など、多くの視聴者が感情移入し、また“萌え”ていたのである。毎回Twitterで“種田さん”がトレンド入りするほどの人気ぶりは、物語や役のキャラクターの力はもちろんだが、向井の演技がしっかりと種田像を形作っていたからにほかならない。向井が演じてきた役柄にはこれまであまりなかった、「寂しげな表情がたまらない」「少し疲れた感じが魅力的」との声もあり、「これまで見た中で一番のはまり役」という意見も多かった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 向井理 ドラマ
  2. 向井理 国仲涼子
  3. 向井理 映画
向井理のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年6月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「向井理 + 映画」のおすすめ記事

「向井理 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事

「向井理 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュース

次に読みたい関連記事「高橋一生」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。