中村倫也、理想の夫婦は“両親”「なんか、いい人いないですかね」

中村倫也、理想の夫婦は“両親”「なんか、いい人いないですかね」
理想の夫婦は“両親”と語った中村倫也 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の中村倫也、映画監督の中野量太氏が19日、都内で行われた映画『長いお別れ』公開記念舞台あいさつに登壇。同作に出演している女優の蒼井優が、南海キャンディーズの山里亮太と結婚したことが話題になると、中野監督が「僕の映画に出ると結婚しちゃう。宮沢りえさん、竹内結子さん、そして蒼井優さん…」とジンクスを明かした。

 中村は「『結婚しちゃう』じゃないでしょう」とツッコミを入れながら、理想の夫婦像について聞かれると「まぁーやっぱりグリーンカレーを作ってくれることでしょうかね」とニヤリ。「でも、自分の両親を見て育っているので、うちは真面目な父とちょっと天然な母親、なんかそういうのが理想なんですかね。なんかいい人いないですかね」と呼びかけた。

 一方、中野監督は「俳優って佇まいなんですよね。中村さんのお芝居は、何が出てくるかわからない。想像つく芝居をされるとなるほどなってなるんですけど、中村さんのしゃべるタイミングとか間とか独特なんですよ。どうくるのかっていうのが楽しみ」と絶賛。「想像した通りに上手にやるよりも、たったひとりの役をやるっていうのが好きだったので、中村さんに頼んだ。普通の役なんですけど、いいんですよ」と俳優としての魅力を力説していた。

 同映画の原作は、直木賞受賞作家・中島京子氏の同名小説。認知症を患い、日々“父”でも“夫”でもなくなっていく元・中学校校長の東昇平(山崎努)と、どんな時も家族に対して献身的な愛情を絶やすことのない母・曜子(松原智恵子)。そして人生において様々な岐路に立たされている2人の娘、芙美(蒼井)と麻里(竹内結子)。彼らは日に日に遠ざかっていく父の記憶の中に、家族の誰もが忘れかけていた、それぞれの人生を生き直すために必要な、ある“愛しい思い出”が今も息づいていることを知る。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月19日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。