寺尾聰、『特捜9』最終回をもって卒業 イノッチ絶叫の理由は?

寺尾聰、『特捜9』最終回をもって卒業 イノッチ絶叫の理由は?
6月19日放送、『特捜9 season2』第10話より(左から)山田裕貴、寺尾聰、井ノ原快彦(V6)、宮近海斗(TravisJapan/ジャニーズJr.)(C)テレビ朝日
 テレビ朝日系で放送中のドラマ『特捜9 season2』(毎週水曜 後9:00)の主人公・浅輪直樹(井ノ原快彦)が所属する特捜班の班長・宗方朔太郎(寺尾聰)が、26日放送の最終回をもって特捜班を去ることが明らかになった。きょう19日放送の第10話のラストで宗方は、自身の最後に向けた決断を下すため、ある行動に出る。さらに、最終回から雨の中で直樹が泣き叫ぶシーン写真も公開された。

 昨年放送されたシーズン1で、特捜班を立ち上げ、班長を務めることになった宗方。自ら主任に指名した直樹の成長を見守り続け、今シーズンでは彼の五級職警部補への特進に尽力した。直樹らの捜査に口は挟まず、あたたかく見守り、時には捜査が一歩前進するようなヒントを与えてきた。

 第10話では、大手企業の社長、副社長が死亡した事件を追う中で、直樹が頼もしく指示を出し、特捜班メンバーがそれぞれ機敏に動く姿を班長が安心したように見つめる姿も描かれる。

 最終回では、直樹ら特捜班のメンバーが、強大な力をもつ司法機関からの圧力にも屈せず、正義を貫く姿と合わせて、今シーズン第1話(4月10日放送)で、直樹が無実の罪で服役した男に再捜査を誓い、個人的に追い続けてきた事件の結末が描かれる。

 直樹の“地道に捜査を続ける姿”“優しく人に寄り添う気持ち”、さらに“正義を貫く姿勢”に、刑事として、主任としての成長を実感した宗方は、直樹が立ち向かう大事件を解決するため、そして彼に後を託すため、宗方はどんな決断をするのか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月19日の芸能総合記事
「寺尾聰、『特捜9』最終回をもって卒業 イノッチ絶叫の理由は?」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    主役が素人以下の演技なんで降板したのは理解できる。やってらんないよ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「三浦春馬」のニュース

次に読みたい関連記事「三浦春馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉真一」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉真一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中井貴一」のニュース

次に読みたい関連記事「中井貴一」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。