『なつぞら』“小なつ”粟野咲莉が月9で上野樹里と初共演 「いつか出てみたいと思っていた」

記事まとめ

  • 朝ドラ『なつぞら』で広瀬すず演じるなつの幼少期を約250人のオーディションの中から射止めた“小なつ"こと粟野咲莉が、『監察医 朝顔』で月9デビューを飾る。
  • 粟野が出演する第1話は、とある倉庫で30代後半の女性の遺体が発見されることから事件の幕が上がる。
  • 上野とのやりとりについて「終わった時には“頑張ったね!”と誉めていただいてとてもうれしかったです」と明かしている。

『なつぞら』“小なつ”粟野咲莉が月9デビュー 上野樹里と初共演に「とてもうれしかった」

『なつぞら』“小なつ”粟野咲莉が月9デビュー 上野樹里と初共演に「とてもうれしかった」
フジテレビ系連続ドラマ『監察医 朝顔』の第1話に出演する粟野咲莉(C)フジテレビ
 NHK連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)で、女優・広瀬すず演じるヒロイン・なつの幼少期を約250人のオーディションの中から見事に射止め、その圧倒的な芝居で一躍、日本中にその名を馳せた“小なつ”こと粟野咲莉(8)が、7月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『監察医 朝顔』(毎週月曜 後9:00)の第1話に出演し“月9”デビューを飾る。

 同作は女優の上野樹里が主演。新米法医学者の万木朝顔(上野)と、その父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)を中心に、かたや解剖、かたや捜査で、死因が分からない遺体に秘められた真実を探し、朝顔たちが見つけ出した遺体の最後の想いと“生きた証”が、生きている人たちの心を救うさまをハートフルに描くヒューマンドラマ。

 原作は2006年から『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載が始まり、6巻以降は電子版のみでの発刊となるも人気を博し続け、13年発刊の30巻をもって完結をした医療漫画。原作では、朝顔は阪神大震災により母を亡くした、という設定ですが、今回、連続ドラマ化するにあたり、東日本大震災により母が行方不明になっている、という設定にアレンジする。

 粟野が出演する第1話は、とある倉庫で30代後半の女性の遺体が発見されることから事件の幕が上がる。平たちが急行し、遺体の状況を調べるも詳しい死因が分からないため、朝顔たちがいる法医学教室に遺体を運ぶことに。朝顔は、主任教授の夏目茶子(山口智子)とともに解剖をおこない、そして、わかったのは、女性は溺死したのではないかという可能性。しかし、遺体があった場所は倉庫…倉庫で溺死という不可解な可能性に一同、困惑。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月23日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大場美奈」のニュース

次に読みたい関連記事「大場美奈」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤十夢」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤十夢」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢倉楓子」のニュース

次に読みたい関連記事「矢倉楓子」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。