『関ジャム』謎多き東京藝大に特別潜入取材 卒業生もふくちゃんらが徹底解説

『関ジャム』謎多き東京藝大に特別潜入取材 卒業生もふくちゃんらが徹底解説
6月30日放送『関ジャム 完全燃SHOW』テーマは「東京藝術大学」(左からNAOTO、彌勒忠史、もふくちゃん)(C)テレビ朝日
 関ジャニ∞がレギュラー出演するテレビ朝日系音楽バラエティー番組『関ジャム 完全燃SHOW』(毎週日曜 後11:10~深0:05 ※30日放送は後11:15~)の30日放送回では日本の芸術系大学の最高峰「東京藝術大学」をテーマに、特別潜入取材を敢行する。

 古くは滝廉太郎や山田耕筰、現代でも坂本龍一、野村萬斎、フジコ・ヘミング、葉加瀬太郎らそうそうたる人材を輩出してきた東京藝大。30日放送回では番組カメラが特別潜入取材を行い、世界的な音楽家を生み出し続ける大学の授業システムに迫る。

 スタジオには東京藝大出身のバイオリニスト・NAOTO、カウンターテナー・彌勒忠史、音楽プロデューサー・もふくちゃんの3人が登場し、音楽学部にまつわる秘密を徹底解説する。NAOTOの器楽科、彌勒の声楽科、もふくちゃんの音楽環境創造科を中心に、それぞれの特徴や授業内容、入学試験の内容を紹介。個性豊かな学生たちや、ビックリするような習慣、聞き慣れない名前の授業など、一般の大学とはまるで異なる独特な世界に迫る。

 さらに、毎年の入学定員はたった2名、同じ東京藝大生でもめったにお目にかかれず、謎に包まれているという指揮科にもカメラが潜入。世界的指揮者による気になる授業の様子や、学生の持ち物など、未知なる指揮科をひも解いていく。

 ジャムセッションはNAOTO(バイオリン)×彌勒忠史(ボーカル)×関ジャニ∞の村上信五(ピアノ)で、ミュージカル『レ・ミゼラブル』の名曲「夢やぶれて-I DREAMED A DREAM-」を披露。ミュージカルでは女性が歌う同曲を、趣の異なるカウンターテノールでじっくりと聴かせる。

 トークゲストにはカズレーザー(メイプル超合金)、吉田明世を迎える。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月24日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「山崎まさよし」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎まさよし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「矢野顕子」のニュース

次に読みたい関連記事「矢野顕子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュース

次に読みたい関連記事「細野晴臣」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。