エヴァ作詞家・及川眠子氏「印税6億円貢いだ」「借金7000万円」の残酷な人生

記事まとめ

  • 『残酷な天使のテーゼ』などで知られる作詞家の及川眠子が、テレビで大転落人生を告白する。
  • 総額6億円を超えていた印税を再婚相手のトルコ人に貢ぎ、預金残高は3万円に。
  • さらに、トルコ人の夫と離婚する際には借金が7000万円もあった。

エヴァ作詞家、消えた印税6億円 借金7000万円の“残酷な”人生を告白

エヴァ作詞家、消えた印税6億円 借金7000万円の“残酷な”人生を告白
25日放送のバラエティー番組『その他の人に会ってみたSP』(C)TBS
 1989年の第31回日本レコード大賞を受賞したWinkの「淋しい熱帯魚」、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のOP曲「残酷な天使のテーゼ」など多数のヒット曲を手掛けた作詞家の及川眠子氏が、25日放送のTBSバラエティー番組『その他の人に会ってみたSP』(後8:00)に出演。カラオケ、パチンコの大ヒットなどもあり、総合的な印税の総額は6億円を超えたという及川氏だが、まさかの大転落人生を告白する。

 それは『残酷な~』発売から5年後の2000年、一人旅に行ったトルコで出会った一人のイケメンが原因だった。当時、一度離婚を経験した30代であった及川氏は、18歳下のトルコ人の情熱的な愛に溺れ、間もなく結婚。その後は、夫に金を貢ぎ続け、気付いた時には預金残高が3万円になっていた。

 さらに、夫の浮気が発覚して離婚した時には、借金が7000万円まで膨れ上がっていた。そんな“残酷な”体験を、番組では再現ドラマとして放送。たんぽぽの川村エミコが及川氏を演じて、忠実に紹介する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年6月25日の芸能総合記事
「エヴァ作詞家、消えた印税6億円 借金7000万円の“残酷な”人生を告白」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    見る目全くなかっただけの話()

    4
  • 匿名さん 通報

    バカとしか言いようがない

    4
  • 匿名さん 通報

    男女問わず、年上(一回り以上)と結婚するのは金目的。

    2
  • 匿名さん 通報

    なぜかこういう人にはお金が入ってくる。金運が強いのか、弱いのかよくわからん。

    1
  • 匿名さん 通報

    コムテツよりはまし。どっちもバカだけど

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュース

次に読みたい関連記事「坂本金八」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。