矢部太郎、『大家さんと僕』ブレイクとこれから「新たな気持ちですべてできたら…」

矢部太郎、『大家さんと僕』ブレイクとこれから「新たな気持ちですべてできたら…」
『大家さんと僕』のブレイクとこれからを語った矢部太郎 (C)ORICON NewS inc.
 お笑い芸人・カラテカの矢部太郎によるフィクション『大家さんと僕』シリーズの番外編的な一冊『「大家さんと僕」と僕』が、きょう26日に発売される。一昨年の10月に発売されて以降、一気に反響が広がり、一躍“大ヒット漫画家”となった矢部に独占インタビューを敢行。『大家さんと僕』のブレイクから、自身の今後の活動などに迫った。

 矢部と大家のおばあさんとの交流を描いた『大家さんと僕』は、心温まるエピソードが「ほっこりする」と話題を呼び、ロングセールスを記録。昨年4月には芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる朝日新聞社主催『手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞した。版を重ねていき、今月21日現在、78万4000部となっている。

 その番外編にあたる今作では、特別カラー描き下ろしの漫画からスタート。その後は「矢部太郎のまんが道」と題したロングインタビューが掲載されている。その中では、当初の大家さんのキャラクター設定や、「研究」と書かれたノートの存在など、創作活動の秘密も明かされている。「ギャグ漫画を描こうとしているのに、そんなに真面目にやっていたなんて、ちょっと恥ずかしいですよね」と照れながら頭をかいた。

 これまで“ひとり”で漫画を描いてきたが、アシスタントを採用しようと考えたりしたことはなかったのだろうか。「描くのが楽しいから、自分で描こうと思っちゃって。あとは、身の丈に合った絵柄を描いているからだと思います。『キングダム』みたいに8万の軍勢とかも出てこないですから(笑)」。『大家さんと僕』の発売以降、さまざまな場へ活動の幅も広がったが、今回の1冊にはその足跡もまとめられている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

矢部太郎のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年6月26日の芸能総合記事
「矢部太郎、『大家さんと僕』ブレイクとこれから「新たな気持ちですべてできたら…」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    芸能界同様、漫画界もグレードさがってるね。面白くないよ。漫画タイムレベル。

    1
  • 菅田将褌 通報

    多くの若手芸人が大家にいじめ抜かれていることを知らないはずないのに、大家さん側に心を寄せて見せる矢部。強者の側に立つなんて芸人の風上にも置けない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「瀬戸康史」のニュース

次に読みたい関連記事「瀬戸康史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「入江慎也」のニュース

次に読みたい関連記事「入江慎也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「原田泰造」のニュース

次に読みたい関連記事「原田泰造」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。