ファミコンを“楽器”にして名曲を再現 制約あるからこそ分かる強固なメロディ

ファミコンを“楽器”にして名曲を再現 制約あるからこそ分かる強固なメロディ
ファミコンなどの実機を用いてバンド演奏。セッティングの様子 写真提供:マツケんさん
 今でこそ当たり前となったYou Tubeやニコニコ動画などの“演奏してみた”系の動画。そんななか、とくに異彩を放っているのがゲーム音楽を演奏するNES BANDだ。最大の特徴は“ファミコン本体”を楽器として使用しているところ。キーボードをケーブルでファミコンにつなぎ、ファミコンに内蔵されている“音色そのもの”を使って演奏されており、同手法で演奏しアップされた動画「ファミコン実機演奏 ドラクエ3」は122万再生(2019年8月現在)の大ヒットとなっている。なぜ彼らはこんな特殊な演奏を始めたのか。NES BANDのリーダーであるマツケんさんに直撃し、バンドコンセプトからレトロゲーム音楽の魅力までを聞いた。

■4チャンネルで音楽を成り立たせるには“メロディの強さ”が必要

 マツケんさんはYouTubeが黎明期である2007年に「JR東日本 駅発車メロディピアノメドレー」をYouTube上にアップ。言葉通り、ピアノでJR東日本のさまざまな駅の発車メロディをメドレーで演奏したもので、ニコニコ動画で、当時では最大クラスとなる1週間で10万再生を記録した。翌年にはその楽譜集『鉄のバイエル』(ダイヤモンド社)を出版。人気ゲームソフト『ドラゴンクエスト』シリーズのピアノ演奏動画もアップし、ニコ動ランキングのデイリーでトップ5に入るなどの活躍を見せていた。

「そんな活動を続けていたある日、海外の個人が作ったキーボードとファミコンを結ぶカートリッジを発見。ファミコンの音楽には、その構成を簡単にパートで表現するとソプラノ、アルト、ベース、パーカッションの4ch(チャンネル)あるのですが、このカートリッジは、そのなかの単音だけ演奏できるもの。とあるライブで、ベース音を抜いたファミコンゲームの音楽をバックで鳴らし、それに合わせて私がこのカートリッジを用いて、ベース音をキーボードで演奏するパフォーマンスを行いました。そうしたところ、その動画がネット記事に取り上げられ、ニコ動の“演奏してみた”カテゴリーでデイリー1位に。そこで私は“4人いればフル演奏できるのでは?“と思い、メンバーを募集、2011年にNES BANDが誕生しました」(マツケんさん/以下同)

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年8月14日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。