謹慎から復帰の芸人、舞台袖で涙流す スリムクラブは老人ホームでのほっこりエピ語る

謹慎から復帰の芸人、舞台袖で涙流す スリムクラブは老人ホームでのほっこりエピ語る
(左から)2700(八十島宏行、常道裕史)、くまだまさし、スリムクラブ(真栄田賢、内間政成) (C)ORICON NewS inc.
 反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分を受けた芸人11人が、きょう19日をもって処分が解除された。新宿・ルミネtheよしもとで行われた公演に、2700(常道裕史/36・八十島宏行/35)、くまだまさし(46)、スリムクラブ真栄田賢/43・内間政成/43)が復帰ステージに立った。

 1番手として登場した2700は、コントに必要な「かつら」を被らずに舞台へ。八十島は「お久しぶりでございます。ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、常道も「申し訳ございませんでした」と頭を下げた。この日のコントは突然、家を訪れた女性を慰める男性が、なぜか骨の話をするネタ。

 最後は骨格模型がしゃべり出すという設定で、八十島は自身に向かって「もう闇営業行くなよ」とイジり、自分で「すみません」と謝罪。続けて常道に対し「直の営業入っても、すぐに行くなよ」と助言すると、常道も「すみません」と平身低頭で笑わせた。

 続く、くまだは温かい拍手で迎えられると「ちょっとあったか過ぎて逆にやりづらくなってきました」と率直な胸の内を語った。「みなさま、今回は一連の件におきまして、世間のみなさま、関係者のみなさまに大変、ご迷惑をおかけしました。そして何よりも一番は詐欺被害に遭われた方で、この件で不快に思われた方がいらっしゃいましたら謝らせていただきたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と深々と一礼した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. スリムクラブ フライデー
オリコンの記事をもっと見る 2019年8月19日の芸能総合記事
「謹慎から復帰の芸人、舞台袖で涙流す スリムクラブは老人ホームでのほっこりエピ語る」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    芸人が詐欺をやったわけではない。安倍晋三は実際に暴力団を使って火炎瓶を投げられた。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「スリムクラブ + フライデー」のおすすめ記事

「スリムクラブ + フライデー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「横澤夏子」のニュース

次に読みたい関連記事「横澤夏子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ケンドーコバヤシ」のニュース

次に読みたい関連記事「ケンドーコバヤシ」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。