ついにここまで…”タピオカ漬け丼”誕生、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」

ついにここまで…”タピオカ漬け丼”誕生、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」
富士そば三光町店限定メニュー「ミニいくら風タピオカ漬け丼」(写真提供:富士そば三光町店)
 各店舗の店長が開発する、独自のメニューを販売していることで知られる富士そば。その新メニューとしてSNSで話題になっているのが“ミニいくら風タピオカ漬け丼”だ。東京・新宿三丁目の富士そば三光町店限定の新メニューで、流行りのタピオカをいくらに見立てるというトリッキーな発想が話題に。「女子のみなさん、富士そばでタピ活できますよ」というツイートが拡散され、SNSユーザーからは「狂気の沙汰」「さすがにその発想はなかった」と反響を得ている。開発の経緯を開発者である店長の羽生さんに聞いた。

■「一言でいえば、なんとなく」乾燥タピオカを見つめることで沸き出たアイデア

 これまでも店舗限定メニューとして「カレーなる冷しゴーヤとろろそば」「カレーなるミニ厚焼玉子天丼」など、一風変わったメニューを開発し続けてきた店長の羽生さん。新メニューの“ミニいくら風タピオカ漬け丼”はどのようにして開発したのか。

「一言で言えば、なんとなくなんです。乾燥タピオカを見ていたら、なんとなく漬けたくなっちゃったんです。私がメニュー開発で何よりも大切にしているのは、インパクト重視であること。話題性を狙ってはおりますが、ここまでバズるとは正直予想外でした」(羽生さん、以下同)

 タピオカといえば、通常のタピオカドリンクに入っているのは”ブラック”と呼ばれる黒くて大粒のタピオカ。しかし”タピオカ漬け丼”で採用されたのは、”パール”と呼ばれる小粒の白いタピオカだ。自家製の醤油にタピオカをじっくり漬け込み、何度も試作を繰り返しながら完成させた制作秘話が、富士そばのFacebookに綴られている。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年8月23日の芸能総合記事
「ついにここまで…”タピオカ漬け丼”誕生、富士そばでタピ活のワケ「なんとなく漬けたくなった」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    何故こう言うのは値段とcalを併記しないんでしょ?

    1
  • 匿名さん 通報

    NZ偉い。自民は野蛮https://www.excite.co.jp/news/article/Reuters_newsml_KCN1VD01S/

    0
  • 匿名さん 通報

    こっちが先に韓国をぶん殴っておいて何をいうのかhttps://www.excite.co.jp/news/article/Jiji_20190823X174/

    0
  • 匿名さん 通報

    語学留学のため韓国の梨花女子大で寄宿舎生活をしていた日本人学生がシャワー室で女子学生を盗撮しようとして捕まりました。日本の恥。腹を切れ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。