11人の謹慎芸人が劇場復帰 謝罪のあとの闇営業ネタに笑いへの執念

記事まとめ

  • 吉本興業から謹慎処分を受けていた11人の芸人が、全員劇場復帰。
  • 全員、謝罪したあとは闇営業ネタで笑いを誘っていた。
  • 「不謹慎」という声も多いが、劇場という限られたスペースであることと、笑いへの執念が見える。

11人の謹慎芸人が劇場復帰 闇営業&謹慎ネタで観客笑わせたお笑い芸人としてのプライド

11人の謹慎芸人が劇場復帰 闇営業&謹慎ネタで観客笑わせたお笑い芸人としてのプライド
ルミネtheよしもとの公演に出演したレイザーラモン
 反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分を受け、19日をもって処分が解除された。お笑いコンビレイザーラモンのレイザーラモンHGは24日、ルミネtheよしもとの公演に出演。これで処分を受けた11人が全員劇場復帰を果たした。

 未だに逆風が吹き続ける吉本興業。19日に2700(常道裕史、八十島宏行)が1番手で復帰して以降、順次、劇場のステージの上に謹慎していた芸人が戻ってきた。2700は、コントに必要な「かつら」を被らずに舞台へ。八十島は「お久しぶりでございます。ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、常道も「申し訳ございませんでした」と頭を下げた。くまだまさしは温かい拍手で迎えられると「ちょっとあったか過ぎて逆にやりづらくなってきました」と率直な胸の内を語り、笑わせた。「みなさま、今回は一連の件におきまして、世間のみなさま、関係者のみなさまに大変、ご迷惑をおかけしました。そして何よりも一番は詐欺被害に遭われた方で、この件で不快に思われた方がいらっしゃいましたら謝らせていただきたいと思います。本当に申し訳ございませんでした」と深々と一礼した。

 スリムクラブ真栄田賢が「すみませんでした。きょうで謹慎が解けました。また、よろしくお願いします」と謝り、内間政成と一緒に何度も頭を下げた。19日はムーディ勝山、ストロベビー・ディエゴもステージに立った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年8月25日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「キンタロー。」のニュース

次に読みたい関連記事「キンタロー。」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「芸人」のニュース

次に読みたい関連記事「芸人」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。