現代用語として定着した「推し」 汎用性の高いパワーワードになったワケ

現代用語として定着した「推し」 汎用性の高いパワーワードになったワケ
「推しメン」キャンペーンを実施したこともある乃木坂46(2017年撮影) (C)ORICON NewS inc.
 1990年代後半のモーニング娘。から2000年代中盤のAKB48系グループ、そして地下アイドルに至るグループアイドルの系譜の中で、ファンの間のみで通じていた“専門用語”から、一般社会でも使用されるような現代用語にまで発展・進化してきたのが「推しメン」という言葉だ。当初は「イケメンの派生形?」、「推しメンのメンは男?」(実際はメンバーのメン)と思う人もいたようだが、今ではアイドル以外のアニメやゲームのキャラ、声優などへも使われる汎用性の高い“パワーワード”となっている。単なる「ファン」や「担当」よりもカジュアルに使えて、「好き」以上の意味合いも持たせた思い入れのある「推し」。その言葉としての“深み”を検証する。

■ファンが“タニマチ感”に浸れる、「好き」以上の意味合いを持つ高コスパな言葉

 「推す」とは、デジタル大辞林によると「…人や事物を、ある地位・身分にふさわしいものとして、他に薦める。推薦する」の意であり、用例としては「候補者に―・す」、「優良図書に―・す」などが挙げられている。

 つまり、「推す」ということは「推される」対象が存在するということで、言ってみれば他人に推薦するほど“対象”を認めている、気に入っている、好きであるということになる。今の「推し」の発祥には諸説あるが、もともとはアイドルファンやオタクを中心に使われていたようで、モー娘。やAKBの登場以降、ファンとアイドルとの関係性の変化とともに「推す」の意味合いも変わっていったようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

オリコンの記事をもっと見る 2019年9月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュース

次に読みたい関連記事「欅坂46」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュース

次に読みたい関連記事「NGT48」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュース

次に読みたい関連記事「NMB48」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。