戸田恵梨香が女性スタッフ陣と朝ドラに挑む 「胸をはってやっていきたい」

記事まとめ

  • 戸田恵梨香が朝ドラ『スカーレット』第1週分の試写会に出席した。
  • 同作は、男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとなるヒロインの半生を描く。
  • 戸田は「胸を張ってやっていきたい」と語った。

戸田恵梨香、女性スタッフ陣と挑む『スカーレット』「胸をはってやっていきたい」

戸田恵梨香、女性スタッフ陣と挑む『スカーレット』「胸をはってやっていきたい」
連続テレビ小説『スカーレット』第1週分の試写会に出席した戸田恵梨香 (C)ORICON NewS inc.
 女優の戸田恵梨香が11日、東京・渋谷のNHKで行われた連続テレビ小説『スカーレット』(9月30日スタート)第1週分の試写会に出席した。

 同ドラマは、現在放送中の『なつぞら』と同じく、戦後まもなくの混乱・復興期から、女性の生き方や働き方が大きく変化した高度経済成長期のころまでの時代を背景に、男性ばかりの陶芸の世界で、女流陶芸家の草分けとして歩み始めるヒロイン・川原喜美子の半生を描く。

 戸田が登場するのは第2週の途中からで、第1週は9歳の喜美子役の川島夕空が熱演。川島は今年3月までEテレ『みいつけた!』の3代目スイちゃんだった子役だ。戸田は「ちび喜美ちゃんが本当に魅力的。彼女の明るさと力強さに感動して、彼女に負けないように頑張っていきたいと思いました」。

 また、物語の舞台・題材となる滋賀・楽の人たちとの交流を経て、「皆さんの心を背負っているんだな、と深く実感して。朝ドラのヒロインをやるってこういうことか」という気づきがあったことを明かし、「皆さんの思いを胸にこれから半年、力強く生きていきたい」と語った。

 本作は制作統括の内田ゆき氏(チーフプロデューサー)をはじめ、メイン監督に中島由貴氏、脚本は水橋文美江氏、音楽は冬野ユミ氏、主題歌「フレア」はSuperflyが歌い、語りは中條誠子アナウンサーと、メインスタッフを女性陣が占めている。

 戸田は、戦後の社会進出が緩やかに進んでいった時代の女性たちに、「敬意を払いながら、胸を張ってやっていきたい。『スカーレット』はCP(チーフプロデューサー)、監督、脚本、音楽…みんな女性ですから。女でもココまでやっているぞ、というのを感じ取ってもらえたら」と、堂々とした言いっぷり。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 戸田恵梨香 Instagram
  2. 戸田恵梨香 ドラマ
  3. 戸田恵梨香 映画
戸田恵梨香のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年9月11日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「戸田恵梨香 + ドラマ」のおすすめ記事

「戸田恵梨香 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「戸田恵梨香 + 朝ドラ」のおすすめ記事

「戸田恵梨香 + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武井咲」のニュース

次に読みたい関連記事「武井咲」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。