『クレイジージャーニー』放送休止 爬虫類ハンター企画で事前準備の生物を撮影

記事まとめ

  • 『クレイジージャーニー』が放送休止することを発表した。
  • 爬虫類ハンター企画で事前に準備していた生物を撮影していた。
  • 過去11回の放送で、事前準備の生物は合計15種類にのぼる。

TBS『クレイジージャーニー』放送休止 事前準備の生物を撮影、過去11回で15種類

TBS『クレイジージャーニー』放送休止 事前準備の生物を撮影、過去11回で15種類
TBSが『クレイジージャーニー』が放送休止 (C)ORICON NewS inc.
 TBSは11日、バラエティー番組クレイジージャーニー』(毎週水曜 後11:56)の8月14日放送回で「生息域を捜索したものの発見できなかったことから、事前に準備していた生物を放ち、撮影しました」と報告し、調査が完了するまで放送休止することを発表した。調査により、過去11回の放送で事前に準備していた生物は、合計15種類にのぼることも明らかになった。

 問題となったのは、爬虫類ハンターの加藤英明氏がメキシコに生息する珍しい生物を探し捕獲する旅に同行取材する企画。放送では6種類の生物が紹介されたが、このうち4種類は、番組スタッフが現地の取材協力者に依頼し、ロケの前に準備していた生物を使って撮影していた。

 番組公式サイトでは「準備していたものを、あたかもその場で発見したかのように描いた今回の手法については、事実に依拠した番組で事実を歪めたことになり、あってはならないものと考えています」とし、視聴者をはじめ加藤氏や関係者に謝罪した。

 サイトでは事前に準備した4種類の生物と撮影時の状況も詳細に説明。さらに、爬虫類ハンター企画の過去10回の放送で捕獲した生物のうち、26種類は捜索中に実際に発見し捕獲したが、11種類は事前に準備していたものであったことも判明。なお、スタッフによると加藤氏に事前に準備していたことは伝えていなかった。

 2015年4月スタートの同番組は、独自の視点やこだわりを持って世界&日本を巡る“クレイジージャーニー”たちが、その人だから話せる特異な体験を語る、伝聞型紀行バラエティー。スタジオではMCの

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年9月11日の芸能総合記事
「TBS『クレイジージャーニー』放送休止 事前準備の生物を撮影、過去11回で15種類」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    視聴者をバカにした悪質なヤラセですね

    12
  • 匿名さん 通報

    他局の怪堀番組に出て生き物を駆逐してる姿を観た時に胡散臭い奴だなぁ‥と思ってたけど、やっぱりインチキな奴だったんだね。納得。

    7
  • 匿名さん 通報

    TBSの先日『消えた天才』の件で放送休止になってるし、そもそもいい加減な企画をいい加減にOKを出して、予算に縛られていい加減なことをするんだろう。それなら放送時間を短くして予算を浮かせばいい。

    5
  • 匿名さん 通報

    番組終了

    5
  • 匿名さん 通報

    ドキュメンタリー風ではなく,お笑い番組としてやれば良かった

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。