米倉涼子主演『ドクターX』新キャストに市村正親&ユースケ・サンタマリアら

記事まとめ

  • 『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6シリーズのレギュラー出演者が発表された。
  • 市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、戸塚純貴。
  • 市村は自身の役丹下と未知子(米倉涼子)の対峙するシーンに大きな期待を寄せた。

『ドクターX』市村正親、ユースケ・サンタマリアら新キャスト発表

『ドクターX』市村正親、ユースケ・サンタマリアら新キャスト発表
『ドクターX~外科医・大門未知子~』(10月17日スタート)新たなレギュラー出演発表(上段左から)武田真治、市村正親、清水ミチコ(下段左から)藤森慎吾、ユースケ・サンタマリア、戸塚純貴(C)テレビ朝日
 女優の米倉涼子が主演するテレビ朝日系木曜ドラマ 『ドクターX~外科医・大門未知子~』(10月17日スタート、後9:00~9:54※初回15分拡大)。2年ぶり、第6シリーズとなる今回、市村正親、ユースケ・サンタマリア、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)、戸塚純貴のレギュラー出演が発表された。

 失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉)が再び日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」に復帰。令和の時代を迎え、医療界は大混乱に陥っていた――東帝大学病院も例外ではなく、かつてない大赤字に見舞われた病院は“倒産寸前の白い巨塔”と化していたのだ。

 蛭間病院長(西田敏行)が招へいしたのが、「今世紀最大のコストカッター」の異名を持つ、投資家・ニコラス丹下(たんげ)。市村正親が演じる。「私に救えない企業はない」を決めぜりふに、これまでに数々の病院や会社を救済してきた企業再生のプロであり、人知れず苦労を重ね奨学金で医学部で学んだ医師でもある。

 そんな丹下が打ち出す再生プラン「東帝大学病院リバースプラン2020」とともに、東帝大学病院は経営再建の道を歩み始めることになる。副院長に就任した丹下が推し進める“医療の合理化”とは、これまでよりさらにAIとの共存や内科的治療の推進を強固なものにすること。そこで、海外から次世代型の医師たちが東帝大学病院に呼び寄せられるところから、『ドクターX』の新シリーズははじまる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

市村正親のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年9月12日の芸能総合記事
「『ドクターX』市村正親、ユースケ・サンタマリアら新キャスト発表」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    武田くんは以前、耳の聴こえないピアニスト役で出ていたから違和感。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュース

次に読みたい関連記事「遠藤憲一」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュース

次に読みたい関連記事「高良健吾」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉岡秀隆」のニュース

次に読みたい関連記事「吉岡秀隆」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。