『歌ネタ王決定戦』7代目王者はラニーノーズ 3年前の雪辱を果たす

『歌ネタ王決定戦』7代目王者はラニーノーズ 3年前の雪辱を果たす
『歌ネタ王決定戦2019』で優勝したラニーノーズ(C)MBS
 「笑い」と「音楽」を融合させたネタで競う『歌ネタ王決定戦2019』が18日、大阪・MBSで生放送され、お笑いコンビのラニーノーズが優勝を果たし、7代目王者に輝いた。3年前の大会では、ファイナルステージでかまいたちと同点だったが、大会ルールにより1stステージの点数がより高いかまいたちが優勝したという経緯もあったことから、山田健人は「3年前、2位でして本当に悔しい思いをしました。(優勝出来て)めちゃくちゃうれしいです」と喜びの声をあげた。

 第7回となる今大会は、総エントリー数1194件を数え、白熱の準決勝を勝ち抜いた8組のファイナリスト(ラニーノーズ、天才ピアニスト、きつね、お見送り芸人しんいち、新作のハーモニカ、メンバー、友近ゆりやんレトリィバァナイツ)に、敗者復活戦を勝ち抜いた令和喜多みな実を加えた9組が激戦を繰り広げ、最終ステージに残ったのは、ラニーノーズ(1stステージ473点)、きつね(1stステージ470点)、友近・ゆりやんレトリィバァ(1stステージ470点)の3組。し烈な争いを制したラニーノーズが481点で優勝した。

 MCは小籔千豊後藤輝基が務め、審査員は大久保佳代子清塚信也、くっきー!、ヒロミ藤井隆が担当。藤井は「若くて優勝して欲しいと思った方が優勝したので私もうれしいです」と笑顔で語り、ヒロミは「いつか優勝するだろうなというのがありましたから今年良かったですね」と祝福。清塚は「今回は音楽のレベルがすごく高かったので音楽界がうかうかしてられないなと凄く思いました」と音楽家らしい感想を口にした。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年9月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら