【なつぞら】広瀬すず、「朝ドラ100作目」の大きさを実感

【なつぞら】広瀬すず、「朝ドラ100作目」の大きさを実感
連続テレビ小説100作目『なつぞら』ヒロイン・なつを演じた広瀬すず(C)NHK
 NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)は来週放送の第26週(23日~28日)が最終週。ヒロイン・なつの半生(18歳からを30代半ば)を演じきった広瀬すずが、1年3ヶ月及んだ撮影を振り返った。

 当初、「朝ドラヒロイン」を特別に意識することはなかったと言っていた広瀬だったが、やり遂げたいまとなっては「朝ドラ100作目というのはやはり大きなことだったんだな」と、感じるそうだ。「会う人みんなが『朝ドラ100作目』ということを知っていたり、大切に思ってくださっていたり、わかりやすく反響が伝わってきたのは、朝ドラならではだったのかな、と思います」。

 「超ハードスケジュールにも関わらず、せりふと芝居を完璧に頭に入れ、いつも前向きに現場に臨んでいた」と、関係者が絶賛していることは、冷静に受け止める。「もともとせりふ覚えはいい方。皆さん、ほかの仕事をやりながら『なつぞら』も、という方が多い中、逆に私は『なつぞら』のことしか考えてなかったから…」と謙遜する。

 そうは言っても、1年3ヶ月の間には人知れず多くの試練があった。「朝ドラのヒロインは撮影期間が長くて、せりふの量も膨大で、大変だ、と聞いていたので、“楽しんだもの勝ちだな”と思うようにしていました。1年以上かけて、ひとりの人間を何十年という時の経過とともに演じられる作品はあまりないことです。そう思うと20歳になったばかり(クランクインした当時は19歳)で、自分が試されているな、と思う瞬間はたくさんありました。これを乗り越えられたら、この先きっとなんでもできる、そう思ってやってきました。体力勝負なところはありましたけど、精神的に追い詰められることはなく、意外と飄々とやってきたかもしれません。途中から『大変そうだね、大丈夫?』と聞かれることもなくなって(笑)。余裕があったわけではないのですが、“楽しい”がずっと勝っている感じでした」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 広瀬すず CM
  2. 広瀬すず Instagram
  3. 広瀬すず ドラマ
広瀬すずのプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年9月19日の芸能総合記事
「【なつぞら】広瀬すず、「朝ドラ100作目」の大きさを実感」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    やっと地獄の半年間が終わる

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事

「広瀬すず + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「広瀬すず + 朝ドラ」のおすすめ記事

「広瀬すず + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュース

次に読みたい関連記事「高畑充希」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら