吉本興業とEXIT兼近が「人権救済申立て」 『週刊文春』の前科・前歴報道で

記事まとめ

  • 吉本興業は日本弁護士連合会に対して「人権救済申立て」を行った。
  • 『週刊文春』がEXITの兼近大樹の前科・前歴を報道していた。
  • 吉本は当該タレントの「芸能活動に支障が出ることの無いよう」呼びかけている。

吉本興業「人権救済申立て」を報告 『週刊文春』の前科・前歴報道で

吉本興業「人権救済申立て」を報告 『週刊文春』の前科・前歴報道で
吉本興業 (C)ORICON NewS inc.
 吉本興業は18日、週刊誌『週刊文春』(文藝春秋)で、同社所属タレントの前科・前歴が報道された件について、日本弁護士連合会に対して、同社および当該タレントを申立人として「人権救済申立て」を行ったことを公式サイトを通じて報告した。

 『週刊文春』(2019年9月12日号)では、お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(28)が、過去に売春防止法違反の疑いで逮捕されていたことなどを報じており、吉本興業は今月5日、公式サイトで報道に対して抗議をするとともに「法的措置についても検討」しているなどと伝えていた。

 きょう18日に更新されたサイトでは「人権救済申立てにつきまして」としたエントリーで「この度、株式会社文藝春秋が発行する雑誌『週刊文春』において弊社所属タレントの前科・前歴が報道された件に関し、日本弁護士連合会に対して、弊社及び当該タレントを申立人として人権救済申立てを行いました」と報告。

 続けて「ある者の前科・前歴に係る事実を実名で報道することは、プライバシー権・名誉権を著しく侵害する行為です。また、未成年の時点で犯した罪について実名で報道する行為は、少年法61条にも反するものと考えられます」とし「取引先各位におかれましては、前科・前歴に係る不当な報道が、現在新たな環境で更生して、一所懸命に努力している弊社所属タレントの基本的人権の重大な侵害にあたることをご理解いただいた上、その芸能活動に支障が出ることの無いよう、改めてお願い申し上げます」と呼びかけている。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年9月18日の芸能総合記事
「吉本興業「人権救済申立て」を報告 『週刊文春』の前科・前歴報道で」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    更正した若者を潰す日本に未来はない。 吉本さんを支持します。

    26
  • 匿名さん 通報

    過去に罪を犯しても更生して真面目に働いてる人はたくさんいる。 そこへ「こいつ昔 逮捕されてたんですよー!」と大声で騒ぎ立てる人間が来たら、社会復帰の妨害でしかない。

    26
  • 匿名さん 通報

    過去の事を態々暴いて、騒ぎ立てている正義感面した偽善者共の方が余程、人として下品な生物だし、騒いでる奴等の言動の方が子供へ悪影響を与えるだろうよ。

    12
  • 匿名さん 通報

    人前に出たがりがプライバシーや人権どうこう言うのがおかしい。自分を切り売りできないならかたぎになれ。

    9
  • 匿名さん 通報

    犯罪者は再犯率高い。タレントは反社と接点が多い。有名人利用して検閲スルーして運び屋・スパイ活動することもある。芸能人は一般人より厳しくてよいと思う。

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら