柳生博『やすらぎの刻~道』で20年ぶりの連ドラ出演「最後のドラマ出演」と意気込む

記事まとめ

  • 『やすらぎの刻~道』平成編で荒木の晩年の役に、柳生博が決定した。
  • 連続ドラマにレギュラー出演するのは約20年ぶりとなる。
  • 「この作品が最後のドラマ出演のつもりです」と力を込めて語った。

柳生博、『やすらぎ』で20年ぶり連ドラ出演 俳優として「最後の仕事」

柳生博、『やすらぎ』で20年ぶり連ドラ出演 俳優として「最後の仕事」
柳生博、20年ぶり連続ドラマ出演は『やすらぎの刻~道』「道」パートの平成編(C)テレビ朝日
 テレビ朝日系で放送中の帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』(月~金 後0:30~0:50※BS朝日では月~金 前7:40~8:00)。倉本聰氏の脚本で、今年4月にスタートして以来、脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様、そして、根来しの(清野菜名)・公平(風間俊介)夫妻の一代記を綴る「道」、2つの世界が絶妙なバランスで描かれてきた。「道」パートでは11月から、物語が“平成”に突入。橋爪功、風吹ジュンが主演のバトンを受け継ぐ“平成編”に、柳生博の出演が決定。柳生が連続ドラマにレギュラー出演するのは約20年ぶりとなる。

 柳生が演じるのは、村のまとめ役ともいうべき存在の男、“荒木”の晩年。昭和編では須森隆文が挑んだ役柄で、貧しさゆえに娘のおりんをいわゆる“人買い”に売り、戦時中は軍部にへつらい、どさくさに紛れて集落をまとめるポジションにおさまった小狡い男だ。平成編では、やはり集落のいざこざをおさめる立場として登場。橋爪演じる公平と、さまざまに関わっていく。

 柳生は、『非情のライセンス』(第3シリーズ/1980年、テレビ朝日)、『飛び出せ!青春』(1972~73年、日本テレビ)、『われら青春!』(1974年、日本テレビ)、連続テレビ小説『いちばん星』(1997年、NHK)など数多くのドラマ、映画で活躍。『100万円クイズハンター』(1981~93年、テレビ朝日)の名司会者としても有名だったが、息子たちがいじめに遭ったことをきっかけに、1970年代後半、山梨・北杜市に移住。八ヶ岳に雑木林を復活させる活動に尽力し、長年、“野鳥の会”の会長も務めてきた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 石坂浩二 ドラマ
  2. 石坂浩二 浅丘ルリ子
石坂浩二のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年9月20日の芸能総合記事
「柳生博、『やすらぎ』で20年ぶり連ドラ出演 俳優として「最後の仕事」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    《道路から男》《女性を押し倒し襲う》一方《芸能人の話題で自らの不都合ひた隠すごーかん最多頭狂穢土人民腸栓共和国では》《頭狂警視庁が捜査》《頭狂の男逃走》頭狂路上で男が女性襲い逃走していた事がわかった。

    0
  • 匿名さん 通報

    ドラマは最後?ならば、100万円!クイズハンターはやる気満々ですか?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「石坂浩二 + 浅丘ルリ子」のおすすめ記事

「石坂浩二 + 浅丘ルリ子」のおすすめ記事をもっと見る

「石坂浩二 + ドラマ」のおすすめ記事

「石坂浩二 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「奥田瑛二」のニュース

次に読みたい関連記事「奥田瑛二」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら