後味が悪い?『サギデカ』加害者側を多角的に描くことによる社会への問題提起

後味が悪い?『サギデカ』加害者側を多角的に描くことによる社会への問題提起
『サギデカ』(C)NHK
 9月14日に最終回が放送された『だから私は推しました』(土曜夜11時半~)や、評価が右肩上がりの『これは経費で落ちません!』(金曜夜10時~)など、今クールのNHKドラマを評価する声は多い。さらに、8月31日からは『サギデカ』(土曜夜9時~)が加わり、9月中旬にはそれぞれのクライマックスが重なり合うかたちで、SNSでも大いに盛り上がりを見せている。

■緻密な取材にもとづく1話の情報量の多さ

 木村文乃が特殊詐欺捜査を専門とする警部補を演じる『サギデカ』は、『透明なゆりかご』に続き、プロデューサー・須崎岳×脚本家・安達奈緒子のタッグで描かれる社会派ドラマ。全5回放送で、すでに3回分を終了している。

 本作にまず唸らされるのは、現代の詐欺手口のリアルさだが、この土台にはプロデューサー、演出家、脚本家が非常に手間をかけて行った緻密な取材がある。例えば、初回では、木村文乃演じる主人公・今宮と駆け引きを繰り広げることになる、振り込め詐欺の「かけ子」加地として高杉真宙が登場する。かけ子の研修は、スーツ姿で「時間厳守」で行われ、そこだけ見ると一般企業の研修にしか見えない。ひとつの集団は「箱」「店」、リーダーを「店長」で、詐欺がうまくいったときに全員で盛り上がる様子には、企業ドラマでプロジェクトを成功させたシーンのような高揚感、一体感が漂う。

 また、第2話では「地面師詐欺」と「投資詐欺」が登場。ここでは、老人たちが被害者ではなく、「加害者」側になっていく経緯が描かれていた。第3話では、若い女性が加害者となり、老人からキャッシュカードを奪う「令和(改元)詐欺」と、アポ電が集中するエリアを狙って張り込みする捜査員たちの姿がリアルに描かれていた。その描写だけでも見応え十分だが、本作の主眼は、そうした詐欺の手口にはない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 木村文乃 CM
  2. 木村文乃 Instagram
  3. 木村文乃 ドラマ
木村文乃のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年9月21日の芸能総合記事
「後味が悪い?『サギデカ』加害者側を多角的に描くことによる社会への問題提起」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    サギデカいいドラマだと思う。

    1
  • 匿名さん 通報

    木村文乃の声としゃべり方と演技が苦手。ほぼ全部だなww

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「木村文乃 + CM」のおすすめ記事

「木村文乃 + CM」のおすすめ記事をもっと見る

「木村文乃 + 結婚」のおすすめ記事

「木村文乃 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「尾野真千子」のニュース

次に読みたい関連記事「尾野真千子」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら