齋藤飛鳥 実写映画『映像研には手を出すな!』主演決定、2020年初夏公開

記事まとめ

  • 乃木坂46齋藤飛鳥が『映像研には手を出すな!』の実写映画の主演に決定。
  • 「邪魔にならないよう心を込めて精一杯演じさせていただきます」と意気込みを語った。
  • 同グループの山下美月を梅澤美波も出演、公開は2020年初夏。

齋藤飛鳥、人気漫画『映像研には手を出すな!』実写映画で主演 山下美月&梅澤美波も共演

齋藤飛鳥、人気漫画『映像研には手を出すな!』実写映画で主演 山下美月&梅澤美波も共演
実写映画『映像研には手を出すな!』に出演する(左から)山下美月、齋藤飛鳥、梅澤美波 (C)2020 「映像研」実写映画化作戦会議(C)2016 大童澄瞳/小学館
 2016年から『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載中で、NHK総合テレビで20年1月からテレビアニメ化もされる人気漫画『映像研には手を出すな!』(原作:大童澄瞳)が、人気グループ・乃木坂46の齋藤飛鳥主演で実写映画化されることが発表された。齋藤は「天才のみなさんに、必死について行くほかはありません」と意気込み、同グループの山下美月、梅澤美波が共演する。公開は20年初夏。

 原作は、虚実入り乱れた個性的な世界観と“最強の世界”を夢見てアニメ制作に情熱を注ぐ女子高生たちの青春冒険譚で、『ブロスコミックアワード2017』大賞、『俺マン2017』第1位、『マンガ大賞2018』ノミネートなど数々のアワードを獲得。実写版のメガホンをとるのは、乃木坂46のメンバーが多く出演した『あさひなぐ』(17年)や『映画 賭ケグルイ』(19年)などを手がけてきた英勉監督。

 齋藤が演じる主人公・浅草みどりは「アニメは設定が命!」を信条に、ことあるごとに妄想で世界を染め上げる変わり者。山下は、俳優一家に生まれ、親に反対されつつもアニメーターを目指すカリスマ読者モデル・水崎ツバメ。梅澤は、2人の才能をまとめ、管理してお金もうけをしようとするプロデューサー気質の少女・金森さやかを演じる。

 齋藤は「作者である大童澄瞳さんの妄想、描きたい世界が余すことなく描かれているこの作品は、初めて触れた時の衝撃がとても大きく残りました。どうなるか? 私はどうすればいいのか? 全くわかりません。“最強の世界”を実写化することは可能なのでしょうか? わかりません」と不安も口にする。「実写化が本当に実現したら、それを成し遂げた製作陣のみなさまは天才です。こんなに素晴らしい作品。自分の中にあったものを真っ直ぐ描いている作者さまは天才です。その作品に出演する私。天才の皆さんに、必死について行くほかはありません。『映像研』を研究して、研究して、その世界に足を踏み込んでも邪魔にならないように、心を込めて精一杯、演じさせていただきます」と意気込む。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年10月15日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら