がん闘病中にパンツ一丁究極パフォーマンス 銀杏・ガガガ・サンボ・氣志團&ファン3000人が見届けたオナマシ20周年

がん闘病中にパンツ一丁究極パフォーマンス 銀杏・ガガガ・サンボ・氣志團&ファン3000人が見届けたオナマシ20周年
口腔底がん闘病中の身体をおしてステージ立ったイノマー(写真中央)のもとに集ったオナニーマシーン、ガガガSP、氣志團、銀杏BOYZ、サンボマスター『=オナマシ20周年記念特別企画=ティッシュタイム・フェスティバル~大感謝祭~』@東京・豊洲PIT
 性春パンクバンド・オナニーマシーンの結成20周年記念イベント『=オナマシ20周年記念特別企画=ティッシュタイム・フェスティバル~大感謝祭~』が22日、東京・豊洲PITで開催。オナマシを祝うべく“バンド結成前からの盟友”である銀杏BOYZガガガSP、サンボマスター氣志團(出演順)の4組が性なる一夜を共にした。

 ボーカル&ベースのイノマー(52、Vo&Ba)が昨年7月21日(オナニーの日)、口腔底がんステージ4で余命3年と公表。その時点でこのライブ開催が水面下で動いていただけに、関係者、スタッフに激震が走った。文字どおり開催が危ぶまれていた。

 イノマーはあきらめなかった。生きるために舌の全摘手術を受け入れた。同時に、綺麗な発声も失った。が、オナマシをよく知るファンからしてみれば、別にイノマーにきれいな発声なんて期待していない。ステージ上でも外聞もなく裸で暴れまわるイノマー、ギターのオノチン。ドラムのガンガンの姿を観に来ている。

 昨年、手術前と手術後に数回ライブを重ねた。12月にはニューアルバムも発売した。病魔もどこかへ飛んでいった…はずだった。口腔底がん公表から1年、今年7月に「がん再発」の宣告を聞いた。本人がブログに綴ってきた壮絶な闘病の日々。しかしそれすらも全てはこの日に繋がっていた。

 峯田和伸が、コザック前田が、山口隆が、綾小路翔が、4組がそれぞれMCでイノマー愛を呼びかけた。全員、イノマーがオリコンという会社で音楽誌の編集長をやっていた頃に出会った仲間たち。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 氣志團 メンバー
  2. 氣志團 ライブ
オリコンの記事をもっと見る 2019年10月23日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「氣志團 + ライブ」のおすすめ記事

「氣志團 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「氣志團 + メンバー」のおすすめ記事

「氣志團 + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「SHISHAMO」のニュース

次に読みたい関連記事「SHISHAMO」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら