「ヒプノシスマイク」オオサカ・ナゴヤの登場は「ド派手に」 作家が語るサウンド制作秘話

「ヒプノシスマイク」オオサカ・ナゴヤの登場は「ド派手に」 作家が語るサウンド制作秘話
「ヒプノシスマイク」シリーズ初となるフルアルバム『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 1st FULL ALBUM「Enter the Hypnosis Microphone」』
 音楽原作キャラクターラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』。今年9月に同プロジェクトの代表曲「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」の新バージョン「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-+」が配信され、話題沸騰だ。楽曲を制作した2人組ユニット「invisible manners」は、HIP HOPを多くの人に聴かせるためにさまざまな工夫を施したと語る。

■声に敏感な声優ファンとHIP HOPとの相性は抜群

─―『ヒプノシスマイク』代表曲の新バージョン、オオサカとナゴヤの2つのディビジョンの6名のキャラクターが新たに加わった「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-+」の制作背景を教えていただけますか?

【平山大介(以下、平山)】新たに加わった6人のパートについては、あえてサウンドをド派手にしました。そもそもプロジェクト始動に合わせて発表した「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」、12人で歌っているバージョンですね。こちらはヒプマイそのものの初登場ソングだったこともあり、「キャラクターラッププロジェクト」としての世界観や、12人それぞれのパーソナリティを紹介することに重点を置いて制作しました。

【福山整(以下、福山)】プロジェクトも2年経ち、12人もすっかり人気キャラになった。そうした蓄積がない分、新キャラの6人は不利な面もあります。だからこそ、最初から12人と並ぶくらいバッチリ印象付けたいという意図はありました。さっき平山くんは“ド派手”と言ったけど、むしろ「記号性の強いサウンドでキャラクターのパーソナリティを色分けすることにこだわった」と言ったほうがいいんじゃない? 

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年11月12日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。