映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バッチリだった三兄妹

映画『ひとよ』佐藤健×鈴木亮平×松岡茉優 相性バッチリだった三兄妹
映画『ひとよ』三兄妹を演じた(左から)鈴木亮平、佐藤健、松岡茉優(撮影:小倉直樹) (C)ORICON NewS inc.
 『凶悪』(2013年)を世に送り出して以降、毎年のように作品・監督・俳優賞を中心に国内賞レースを席巻し、俳優たちが最も出演を熱望する映画監督のひとり、白石和彌監督の最新作『ひとよ』が11月8日より公開中だ。

 15年前のある夜、三兄妹が両親と暮らすタクシー会社の営業所で事件が起こる。その、たった“ひとよ”の出来事によって、稲村家の三兄妹の人生は大きく狂ってしまう。それぞれ別々の人生を歩んできた三兄妹が、15年ぶりの“家族”との再会を果たす時、三者三様に生まれた葛藤と戸惑いを、現在と過去とを交錯させながら描く。

 メインの三兄妹、フリーライターの次男・雄二を佐藤健、電気店勤務の長男・大樹を鈴木亮平、スナック勤務の長女・園子を松岡茉優が演じ、白石組に初参加したのも話題。ORICON NEWSでは、作品の魅力に迫るべく、三兄妹を演じた3人にインタビューを実施。共演した感想や、白石作品の魅力について話を聞いた。

――3人で三兄妹を演じた感想は?

【佐藤】亮平さん、松岡さんのお二人に引き出してもらった、という印象ですね。僕が演じた雄二は受動的なキャラクターでもあるので、特に園子とのシーンでは松岡さんが芝居のテンションを作ってくれて、役者としても助けてもらったなぁ、という印象です。

【松岡】ちゃんと兄妹に見えるだろうか、男と女に見えてしまわないか、そこが課題でした。でも今回、どんなに近づいても、相手に触れていても、ちゃんと兄妹に見えると思えたんですね。そこはうまくいったかな、と思っています。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る 2019年11月12日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。