シソンヌ、王道吉本の中で異質ポジション KOC優勝後も変わらない“コント職人”としての気概 

シソンヌ、王道吉本の中で異質ポジション KOC優勝後も変わらない“コント職人”としての気概 
シソンヌ(左からじろう、長谷川忍)撮影/飯本貴子(C)oricon ME inc.
 いま、密かにメディアへの露出を増やし続けている二人だ。それが青森県出身のじろう(41)と静岡県出身の長谷川忍(41)が2006年に成した、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビシソンヌ。コント日本一を決める『キングオブコント2014』(以下KOC)では2810組の頂点に立ち、現在では単独ライブのチケットが即日完売。ネタを担当するじろうが生み出す、ひとクセある登場人物が織りなす物語は、他の芸人だけではなく俳優、映画監督など幅広い支持を集める。

■芸人ならではの「がっつき」とは無縁

 だが、“キャラ先行型”がもてはやされがちなバラエティにおいて、朴訥で、職人気質を感じられる雰囲気の二人はフィットしきれなかった。それでも「コント」というホームグラウンドで実力を磨き続け、今年は話題ドラマや映画脚本、そして乃木坂46ともCM共演するなど、本業以外のジャンルで需要が高まっている。二人がいまの現状をどう捉えているのか聞いてきた。

――今年お二人をテレビで見る機会が多く、ブレイクの兆しを感じていまして。

【じろう】あんまり実感はないんですよね。例年と変わらないような気も。

【長谷川忍】 休みが全然なかったらそういう実感もあったんでしょうけど、いい具合に休ませてもらっているので。この前も3連休ありましたし(笑)。仕事が1日1つだけということも多いんで、すごくバランスのいい一年だったかなと。

あわせて読みたい

気になるキーワード

じろうのプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年11月17日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「たくや」のニュース

次に読みたい関連記事「たくや」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。