内博貴 五代目桂米團治役で桂ざこばと舞台共演に歓喜「1つの夢が叶った気持ちです」

記事まとめ

  • 内博貴が公演大阪松竹座『桂米朝五年祭記念喜劇』に出演する。
  • 五代目桂米團治役を演じ、主演の真琴つばさが絹子、米朝を筧利夫が演じる。
  • 「1つの夢が叶った気持ちです」と、桂ざこばとの共演を喜んだ。

内博貴、桂ざこばと舞台共演に歓喜「パパと同じステージに」 “原点”の大阪松竹座公演

内博貴、桂ざこばと舞台共演に歓喜「パパと同じステージに」 “原点”の大阪松竹座公演
舞台『喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』の桂米團治役に内博貴が決定
 俳優の内博貴が2020年2月公演大阪松竹座『桂米朝五年祭記念喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』に出演が決定した。上方落語とともに歩んだ、桂米朝・中川絹子夫婦の人生行路を描く同舞台において、夫妻の意志を受け継ぎ、現在上方落語界の一線で活躍する五代目桂米團治役を演じる。主演の真琴つばさが絹子、米朝を筧利夫が演じる。

 2015年3月にこの世を去った上方落語の巨星・桂米朝。このほど、米朝の五年祭を前に、米朝とともに数々の弟子を育てあげた絹子夫人の人生模様を描いた『なにわ華がたり』(廓正子 著)を舞台化。大店の跡取り娘が周囲の反対を押し切って OSSK(大阪松竹少女歌劇団、現 SK日本歌劇団)に入団し、“駒ひかる”の名で一世を風靡した華やかな時代から、戦中戦後の混乱期を生き抜き、当時無名落語家であった桂米朝と出会い、人生をともに歩むまで…。

 今や上方落語を語る上で欠かせない桂米朝を陰日向となり支え続けた絹子夫人の人生から、これまでに明かされることのなかった米朝の素顔や、息子であり弟子である現・米團治をはじめ、個性豊かな弟子たちとの波瀾万丈ながらも温かな共同生活を描いていく。

 米朝夫婦の長男として生まれ、後に弟子となって父親と同じ道を進む現・米團治の目を通して描かれる夫婦の姿、また個性豊かな弟子たちに囲まれながらの日々、“師匠と弟子”、そして“親と子”の関係の中で葛藤する姿から、米朝と絹子の夫婦愛、親子愛が紡がれていくこの物語。このほか、吉本新喜劇の

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 内博貴 twitter
  2. 内博貴 ドラマ
  3. 内博貴 菊間千乃
内博貴のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る 2019年11月19日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「内博貴 + twitter」のおすすめ記事

「内博貴 + twitter」のおすすめ記事をもっと見る

「内博貴 + ドラマ」のおすすめ記事

「内博貴 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「近藤真彦」のニュース

次に読みたい関連記事「近藤真彦」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。