フワフワ毛並みのユキヒョウの子ども、母親のしっぽは猫じゃらし?「野生のたくましさ感じて」

フワフワ毛並みのユキヒョウの子ども、母親のしっぽは猫じゃらし?「野生のたくましさ感じて」
フワフワな毛並みが可愛らしいユキヒョウの子ども、生後2ヵ月の頃(C)旭山動物園
 フワフワの毛並みと鋭いまなざし、そして太くて長いしっぽ。可愛らしさと野性味が共存したユキヒョウの子どもが、旭川市・旭山動物園で公開中だ。もともと寒冷地に生息するだけに、北海道の雪景色にもすっかり馴染んでいる様子。ネットやSNSでは「しっぽをくわえた」ユキヒョウの写真が出回り、カワイイと人気だが、その実態や理由とは? 同園の飼育員・大西敏文さんに聞いた。

■「フフフ、フフフ」と鼻鳴らし、母子で親愛の情

 中央アジアの山岳地帯に生息するユキヒョウは、絶滅危急種とされるヒョウの仲間。寒冷地に住む彼らは足の裏まで毛でおおわれ、雪や岩の上を移動するのに適している。太く長い尾が特徴で、走るときにバランスをとったり、横たわったときに体に巻きつけて寒さから身を守っている。旭山動物園では、2019年7月に母親・ジーマから生まれた子ども(メス)が一般公開中。13日、子どもの愛称が、多くの一般応募の中から選ばれた「ユーリ」に決定したことが発表された。

――7月に生まれた子どもについて教えてください。

【大西さん】出生時の体重は推定500グラムほど。10月21日の測定で6.45キロ、現在は推定10キロ前後と思われます。

――ユキヒョウはどんな生態なのでしょうか?

【大西さん】繁殖期には「ニャオーン」と大声で鳴き、異性を呼びます。子は不安なときに「ピー!」と小鳥のような高い声で鳴き、母親を呼びます。「フフフ、フフフ」と鼻を鳴らすのは親愛の表現。母子間やオス・メスの間でよく聞かれます。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。