羽鳥慎一「日本アカデミー賞」司会務める 6年連続の西田敏行から交代

記事まとめ

  • 「第43回日本アカデミー賞」の司会を、フリーの羽鳥慎一アナが務めた。
  • 過去9回、14年から6年連続で西田敏行が務めていた。
  • 羽鳥は「うれしさと同時にプレッシャーに襲われています」と告白。

羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に「プレッシャー」 6年連続・西田敏行から交代

羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に「プレッシャー」 6年連続・西田敏行から交代
『第43回日本アカデミー賞』の司会者を務める羽鳥慎一 (C)ORICON NewS inc.
 日本アカデミー賞協会が15日、2019年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第43回日本アカデミー賞』の15部門と新人俳優賞の受賞者・作品を発表する授賞式を都内のホテルで開催。男性司会者をフリーアナウンサーの羽鳥慎一(48)が担当し、過去9回、14年から6年連続で務めた同賞協会組織委員会副会長で俳優の西田敏行(72)からバトンタッチすることが発表された。

 西田は男性司会を第13回(1990年)に初めて務め、その後、第19回(96年)、第20回(97年)、第37回~42回(14年~19年)で担当。その年の女性司会者を務めた島田陽子、樹木希林さん、宮沢りえ、蒼井優ら名女優とともに授賞式を盛り上げながら進行していた。西田について島谷能成会長は「すごく会場を和ませてきたので、西田さんには感謝しかありません。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 羽鳥と日本アカデミー賞の関わりは、授賞式会場でのインタビューを過去5回(第20回、23回、24回、27回、31回)、授賞式テレビ放送司会を3回(28回、29回、31回)務めるなど自身のアナウンサー人生とともに歩んできた。

 西田から司会を引き継ぎ羽鳥は「うれしさと同時にプレッシャーに襲われています」と顔がこわばるほど緊張していると告白。続けて「映画に携わる人が選ぶ映画賞ということで意味のある特別な賞だと思いながら、インタビュアーをさせていただきました」と日本テレビ時代を振り返りつつ「(当日の)授賞式は(会場が)笑顔に包まれよう、微力ながら頑張っていきたいと思います」と意気込み。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に「プレッシャー」 6年連続・西田敏行から交代」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    「日本アカデミー賞」ってなんだよ。本場のパクリじゃん。笑

    4
  • 匿名さん 通報

    西田敏行の病状が相当悪いんだな。

    1
  • 匿名さん 通報

    毎回見てるけど番組がダイジェスト版みたいで面白くない.放送するならしっかりと放送してほしい

    1
  • 匿名さん 通報

    ≪駅員が暴行被害≫≪JR東≫一方≪TVの話題で自らの不都合ひた隠す着服横領人質最多頭-狂穢土人民腸栓共和国では≫≪JR東利用者のケンカ仲裁≫駅員が暴行されていた事がわかった。

    0
  • 匿名さん 通報

    コイツまだいたの!ブロック除けの記号まで使ってマメだねぇ〜ww

    0
この記事にコメントする

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。