『ビートたけし杯 お笑い日本一』今年は該当者なし 「お客が笑わないのは、その価値がない」

記事まとめ

  • 『ビートたけし杯 漫才日本一』は、今年は該当者なしという結果になった。
  • たけしは「誰がいいんだか、わからなくなっちゃった」と審査結果を発表。
  • 「お客が笑わないのは、その価値がない」と話した。

『ビートたけし杯 お笑い日本一』今年は該当者なし たけし「誰がいいんだか、わからなくなった」

『ビートたけし杯 お笑い日本一』今年は該当者なし たけし「誰がいいんだか、わからなくなった」
『江戸まち たいとう芸楽祭“たけしが認めた若手芸人” ビートたけし杯 お笑い日本一』の第2回大会に出席したビートたけし (C)ORICON NewS inc.
 「ビートたけしが認めた芸人を自ら表彰する」をコンセプトにした大会『江戸まち たいとう芸楽祭“たけしが認めた手芸人” ビートたけし杯 お笑い日本一』の第2回大会が27日、東京・浅草の東洋館で行われた。観客、放送作家でタレントの高田文夫氏、お笑いコンビナイツによって審査されたが、今年は該当者なしという果に。準グランプリに相当する高田文夫賞も該当者なしだった。

 同大会は、若手芸人の支援・育成を目的に、たけしが名誉顧問を務める「江戸まち たいとう芸楽祭実行委員会」で「第2のたけし」を発掘し、たけしが修行を積んだ浅草を「お笑いの聖地」として再認識し、世に発信するために開催。出場コンビは、各芸能プロダクション、漫才協会、東洋館などから芸歴10年以下のイチオシ若手がエントリーし、実行委員会が映像審査を行ったうえ、本戦出場の8組が雌雄を決した。

 高田は「どんぐりの背比べ」と総評し、たけしも「よく、こういう大会は勝と準優勝をつける。無理やりつけているときもある。私の考えでは、お客さんもたいして笑っていない。1番、考えなきゃいけないのは、我々は芸人だから、お金を取って芸を見せる。お客が笑わないのは、その価値がない」と力説。「お客さんを見て合わせないといけない。きょう見ているとけいこしたネタをそのままやっている」とウケが悪かった理由を若手に説いた。

 そして「誰がいいんだか、わからなくなっちゃった。というワケで、今回は優勝者なし。来年に頑張ってほしい。みんなが頭を抱えた。ネタは面白い部分もあるけど、現場でウケなかったら失格」と審査結果を発表していた。優勝者には賞金30万円のほかに、『江戸まち たいとう芸楽祭』クロージング出場権が贈られる予定だった。

あわせて読みたい

ビートたけしのプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事

「ビートたけし + 事故」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュース

次に読みたい関連記事「劇団ひとり」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュース

次に読みたい関連記事「千原ジュニア」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. ビートたけし 事故

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。