“刑事ドラマの鉄人”内藤剛志、新シリーズ始動「今までにないものができた」

“刑事ドラマの鉄人”内藤剛志、新シリーズ始動「今までにないものができた」
内藤剛志(左)が演じる新しい刑事が初登場=ドラマスペシャル『全身刑事』(2月2日放送)後9:00~11:05)(左から)内藤、笠松将、中山忍(C)テレビ朝日
 俳優の内藤剛志が主演する新しい刑事ドラマシリーズが誕生。ドラマスペシャル『全身刑事』が2月2日(後9:00~11:05)にテレビ朝日系で放送される。今月3日に放送された『警視庁・捜査一課長 正月スペシャル』の終わりに予告編が流れるやいなや、インパクトの強いタイトルがSNSをザワつかせたが、その全貌がついに明らかになる。

 『科捜研の女』『警視庁・捜査一課長』シリーズをはじめ、30作を超えるテレビドラマでさまざまなタイプの刑事を演じ、“刑事ドラマの鉄人”とも称される内藤。本作で演じるのは、人生のほとんどを“刑事”として過ごし、頭のてっぺんからつま先まで“全身そのものが刑事”といっても過言ではない男。それがそのままタイトルになった。「僕自身、とても気に入っています」と内藤もニッコリ。

 内藤演じる主人公・名瀬裕太郎(なぜ・ゆうたろう)は、神奈川県警総務課の備品管理課員。ワケあって1年間の休職を経て備品管理課に異動するまで、“刑事一筋”で生きてきた男。難事件発生につき、署長・羽倉樫弥(はぐら・かしや)に頼まれ、新人管理官・海東隼人かいとう・はやと)をサポートすることに。取り調べではまるで子どものように「なぜ?」を連発し、被疑者はもちろん、海東を翻ろう。単刀直入に「なぜ?」と斬り込むことで、人々の心の闇に迫っていく。

 これまで演じてきたどの刑事ともまったく違う、型破りなキャラクターに挑んだ内藤は、「推測でものを言わず、“なぜそう思うのか?”…虚心坦懐に聞く刑事がいたらどうなるのか、そこが本作でいちばんのチャレンジ。演技には“正解”がなく、新作だからこそ手探りで、日々悩みながら撮影に臨みました」と、試行錯誤しながら『全身刑事』を生み出した心境を明かしている。

あわせて読みたい

内藤剛志のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“刑事ドラマの鉄人”内藤剛志、新シリーズ始動「今までにないものができた」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    内藤剛司の刑事ドラマは見飽きた。ワンパターン。

    1
  • 匿名さん 通報

    出演者の役名がちょっと恥ずかしい……。

    1
  • 匿名さん 通報

    こんなドラマ観ないだろう?なんで制作するのかな。

    1
この記事にコメントする

「内藤剛志 + 安達祐実」のおすすめ記事

「内藤剛志 + 安達祐実」のおすすめ記事をもっと見る

「内藤剛志 + 沢口靖子」のおすすめ記事

「内藤剛志 + 沢口靖子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「和田正人」のニュース

次に読みたい関連記事「和田正人」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月27日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 内藤剛志 安達祐実
  2. 内藤剛志 沢口靖子
  3. 内藤剛志 金田明夫

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。