女優業の幅を広げるベッキー「人生経験をお芝居に生かせたら」

女優業の幅を広げるベッキー「人生経験をお芝居に生かせたら」
オファーの変化の実感を語るベッキー ワンピース\56,000/EZUMi(Ri Design.Ltd) (C)ORICON NewS inc.
 昨年から今年にかけて“女優”ベッキーが映画やドラマで強い存在感を見せている。デビュー以来、バラエティータレントとしてブレイクするかたわら、女優業も継続的に行ってきたが、休業を挟み、その役柄は飛躍的に広がった。現在の状況をベッキーはどう見ているのだろうか――。

 2019年、白石和彌監督がメガホンをとった『麻雀放浪記2020』で、麻雀クラブのママ・八代ゆきと、AI搭載のアンドロイド・ユキという二役を担い、憑依した芝居は多くの映画関係者や観客に衝撃を与えた。さらにNHKドラマ『これは経費で落ちません!』でも、総務部秘書課に勤める、かなりの性悪女性・有本マリナを好演。振り切った演技は大きな話題となった。

 そして最新作映画『初恋』でも、鬼才・三池崇史監督のもと、ヤクザの構成員である彼氏を殺され復讐の鬼と化す女性・ジュリを熱演。白目をむかんばかりでキレまくり暴力的に敵を追い詰めるさまは圧巻で、これまでのベッキーからは想像できない姿だった。本人も「確かに数年前の私だったら、こういった役を任せようとは思ってもらえなかったと思う」と語ると同時に「とにかく選んでくれた方の期待に応えたいという気持ちが強く『なんでもやります!』というモードに入ってしまう」とテンションが上がるという。

 こうしたオファーの変化に「いまは20代のころの“明るく元気なベッキーちゃん”というイメージではないので、逆にこうした振り切った役をいただけるようになったのかなと思います」と自己分析する。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「女優業の幅を広げるベッキー「人生経験をお芝居に生かせたら」」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    なんか迷走し始めた。

    2
  • 匿名さん 通報

    だんだん変になるな。

    1
  • 匿名さん 通報

    昔(昭和)の女優なんて結婚している男に自分を惚れさせてボロボロにして捨てるとか普通にあった。それは魂が抜かれてしまう男がだらしないのだと誰でも知っていた。

    0
  • 匿名さん 通報

    ベッキーちゃんはまだ若いから極悪美女の役をガンガンやったらええねん。もっともっと大物女優になれる。

    0
この記事にコメントする

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月15日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。