『全裸監督』は「99%負け戦、玉砕覚悟」…山田孝之がそれでも“逃げなかった”理由

『全裸監督』は「99%負け戦、玉砕覚悟」…山田孝之がそれでも“逃げなかった”理由
映画『ステップ』で主演する山田孝之(写真:田中達晃/Pash)
 爽やかな好青年からコワモテ闇金社長、おバカな勇者まで、変幻自在にキャラクターを演じてきた山田孝之。そんな彼が、最新映画『ステップ』(4月3日公開)で初のシングルファザー役に挑んだ。実生活でも“父親”であるがゆえに、演じる上では思うことも多かったようだ。今や30代も半ばに差し掛かり、俳優としては充実一途。昨年はNetflixドラマシリーズ『全裸監督』の怪演でも絶賛を浴びたが、実は「玉砕覚悟」で臨んだものだと言う。山田が見据える世界、そして未来とは?

■実生活でも父親、演じて感じた育児の葛藤と「妻への感謝」

 重松清の人気小説を映画化した『ステップ』。山田は、30歳の若さで妻に先立たれ、生まれたばかりの愛娘・美紀と共に、不器用ながらも一歩ずつ進んでいくシングルファザー・健一を演じる。山田は、「妻を失うということがどういうことなのか、娘を育てるというのがどんな感覚なのか。それを経験してみたかった」とオファーを受けた理由をシンプルに述べる。

 ただ、撮影中はとにかくつらかったと山田は言う。

 「妻を失ってしまったつらさはもちろんなのですが、それに付随して、様々な感情が湧いてくる。自分がいっぱいいっぱいになっているのに、子どもがぐずってしまう。そのときは『なんでここにいてくれないんだよ』という気持ちが出てきてしまうけれど、冷静に考えると『子どもの成長を一番見たかったのは妻なんだ。向こうの方が辛かったはずだ』と思い、踏ん張らなければいけない。その葛藤に苦しむこともあったし、負の感情を持ってしまったことへの自己嫌悪もあります」。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『全裸監督』は「99%負け戦、玉砕覚悟」…山田孝之がそれでも“逃げなかった”理由」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    こいつも、パッとしねえ奴だなあ。

    1
  • 匿名さん 通報

    小池都知事は自分の一世一代の晴れ舞台だから是が非でも東京オリンピックを開催したいだろうけど、都民の生命の方が大切だろ。新型肺炎蔓延で、高齢者や持病のある方がどんどん死んでくよ。東京は死の街となるよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    コロナウィルス対策に世界中が入国制限してる中、世界中から大勢の人があつまる東京オリンピック開催? 馬鹿じゃね?

    1
この記事にコメントする

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。