色モノ扱いだったドラマ『M』に葛藤も? “飛び道具”キャラの中で三浦翔平が安定感見せる理由

色モノ扱いだったドラマ『M』に葛藤も? “飛び道具”キャラの中で三浦翔平が安定感見せる理由
ドラマ『M 愛すべき人がいて』で好演を見せる三浦翔平 (C)ORICON NewS inc.
 田中みな実や水野美紀の怪演など、SNSで大きな話題となっているドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。コロナの影響により新話が放送できず、23日は『奪い愛、冬』が放送されるが、両作に共通するのが、脚本が鈴木おさむであること、そして三浦翔平がインパクトのある演技をしていることだ。『M』では、飛び道具的キャラ満載のなか、振り切った演技と安定感を両立させる三浦。それを成し得る理由とは?

■“飛び道具”たちの中で、色モノに終わらない確かな演技と存在感で下支えする

 平成の歌姫・浜崎あゆみ誕生を描く『M 愛すべき人がいて』。三浦翔平にとっては、これが地上波初主演作となる(安斉かれんとのW主演)。ところが、3話まで放送したところでコロナの影響で新話はストップ。リミックスバージョンでしのいでいたものの、それも16日を最後にストックが尽きた。せっかくの盛り上がりが止まってしまうことに、制作側、出演者側は忸怩たる思いだろう。その後に放送されることになったのは、『M』と同じく鈴木おさむが脚本を担当し、三浦翔平や水野美紀が出演した2017年のドラマ『奪い愛、冬』だ。

 『M』では、レコード会社の専務にして名プロデューサー、マサを熱演していた三浦翔平。当初こそ「俺の作った虹を渡れ!」などのキザで突飛なセリフで、田中みな実ら同様に“色モノ扱い”。だが、飛び道具的キャラ満載の本作の中で、独特の存在感を放っていたのもまた事実だ。

あわせて読みたい

三浦翔平のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「三浦翔平 + Instagram」のおすすめ記事

「三浦翔平 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「三浦翔平 + 元カノ」のおすすめ記事

「三浦翔平 + 元カノ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「竹野内豊」のニュース

次に読みたい関連記事「竹野内豊」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 三浦翔平 Instagram
  2. 三浦翔平 ドラマ
  3. 三浦翔平 元カノ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。