音楽フェスの空気感はライブ配信で再現できるのか?パンダ音楽祭の挑戦

音楽フェスの空気感はライブ配信で再現できるのか?パンダ音楽祭の挑戦
オンラインで開催された音楽フェス『おうちでパンダ音楽祭』
 音楽ライブイベント再開の目途が立たないことを背景に、有料ライブ配信サービスへの取り組みが加速している。配信プラットフォームも充実し、気軽にライブ配信やマネタイズができる環境も整ってきた。とは言えその歴史はまだ浅いため、トライアンドエラーを積み重ねることによって蓄積されるノウハウが、新たな価値を生み出し、市場の拡大につながっていくに違いない。今回は音楽フェスティバル『パンダ音楽祭』の事例から、ライブ配信ならではの「価値の提供」と「フェスとオーディエンスの関係性」について考えてみたい。

■一音楽ファンが主催する音楽フェス。初めて挑んだ有料ライブ配信の成果

 2012年に始まった『パンダ音楽祭』は、例年5月に東京・上野恩賜公園の水上音楽堂(1212席)で開催されている、弾き語りアーティスト中心の音楽フェスティバルだ。「都会のピクニック」をテーマに、飲食物の持ち込み自由、会場の出入り自由など、オーディエンスの自主性を尊重したフェス運営が行われている。
 主催するのは会社員のパンダ氏(仮名)。一音楽ファンとして「自分の見たいフェスを作りたかった」というのがその成り立ちだ。照明や音響は外部のプロに委託しているが、そのほかの会場設営やチケット管理、来場者整理、グッズの物販などは、パンダ氏とその友人たちでまかなわれてきた。
 そんな手作り感あふれるフェスではあるが、初夏の野外という心地よい環境やラインナップの良さも相まって、1200枚のチケットは第2回目から毎回ソールドアウト。チケットを入手できなかったファンが、音漏れを期待して会場の外を取り囲むこともある。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月12日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。