オードリー、数字で証明した“第2の黄金期” 『上半期TV出演』2人そろって帯番組MCより上位に

オードリー、数字で証明した“第2の黄金期” 『上半期TV出演』2人そろって帯番組MCより上位に
『2020上半期テレビ番組出演本数ランキング』にコンビそろってランクインしたオードリー(左から)若林正恭、春日俊彰(C)ORICON NewS inc.
 テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターは1日、『2020上半期テレビ番組出演本数ランキング』を発表。毎回のランキングでは帯番組MCなどが上位を独占するが、お笑いコンビオードリー若林正恭が266本で3位、春日俊彰が219本で8位と、コンビそろってベスト10入りを果たした。9位以下にも多数の帯番組出演者が並ぶなか、帯番組に出演していない2人のランクインは、まさに“第2の黄金期”が到来していることを数字で証明した。

 テレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!』や『激レアさんを連れてきた』、フジテレビ系『潜在能力テスト』など、近年は単独でMCを務める機会も多い若林。コンビでも日本テレビ系『ヒルナンデス!』や『スクール革命!』、フジテレビ系『でんじろうのTHE実験』、テレビ東京系『どうぶつピース!!』『日向坂で会いましょう』など、幅広いジャンル・時間帯の番組に出演している。

 一方の春日も、単独レギュラーは、今や代名詞となったボディビルに挑戦するきっかけとなったTBS系『炎の体育会TV』のみだが、『水曜日のダウンタウン』ではドッキリのターゲットとして頻繁に出演。独特のキャラクターと鍛え上げた肉体を武器に、多数の番組にゲストとして引っ張りだこ、先月28日にはアニメ『ポケットモンスター』に本人そっくりの“カスキング”役で出演も果たした。

 昨年末に発表された『2019テレビ番組出演本数ランキング』でも、若林が428本で7位、春日が398本で12位にランクイン。人気を維持しているだけではなく、今年に入ってからはテレビや雑誌で2人の特集も多く組まれたことから、新たな黄金期の到来と評価されていた。その中でも、とくに放送時間も長く反響が大きかったのが、5月1日に2時間にわたって放送された『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』スペシャルだった。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「オードリー、数字で証明した“第2の黄金期” 『上半期TV出演』2人そろって帯番組MCより上位に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ランキングのほとんどがその人が自分で売ってる芸の能力と関係ないもので出てる人ばっかりねw

    0
この記事にコメントする

「オードリー + 朝ドラ」のおすすめ記事

「オードリー + 朝ドラ」のおすすめ記事をもっと見る

「オードリー + 若林正恭」のおすすめ記事

「オードリー + 若林正恭」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュース

次に読みたい関連記事「カンニング竹山」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月1日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. オードリー MC
  2. オードリー 春日俊彰
  3. オードリー 朝ドラ

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。