松岡茉優、TBS連ドラ初主演 三浦春馬と初共演で“じれキュン”ラブコメ

松岡茉優、TBS連ドラ初主演 三浦春馬と初共演で“じれキュン”ラブコメ
TBS9月スタート火曜ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』より(左から)松岡茉優、三浦春馬 (C)TBS
 女優の松岡茉優が9月スタートのTBS系連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(毎週火曜 後10:00)に主演することがわかった。松岡は同局連ドラ初主演を飾り、おカネの価値ではなく、モノの本質を大切にする“清貧女子”・九鬼玲子(くき・れいこ)を演じる。またそんな玲子とは真逆の金銭感覚を持つ“浪費男子”・猿渡太(さるわたり・けいた)には三浦春馬が起用され、三浦翔平北村匠海らも加わった恋の四角関係を展開。昨年夏に放送された連ドラ『凪のお暇』を手掛けた大島里美氏が脚本を担当する、じれたっくてキュンキュンする“じれキュン”なオリジナルのラブコメディーとなる。

 中堅おもちゃメーカーの経理部で働く玲子は、とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子。金銭感覚が独特で、お金の価値ではなく、自分が愛する“モノ”の本質を大切にして暮らしている。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司・慶太は、『浪費』にかけては天賦の才能を持った男。営業部に在籍していたが、浪費のしすぎで玲子がいる経理部に異動に。金銭感覚が両極端の2人が出会い、ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり…。

 玲子の初恋の相手・早乙女健(さおとめ・けん)を演じるのが三浦翔平。公認会計士の資格を持ち、そのイケメンすぎる容姿を生かし『お金の専門家』としてテレビ番組で人気コメンテーターとしても活躍する、“顔面を金に換える男”。玲子が“清貧”になった過去の出来事を知る存在であり、また玲子の初恋の相手で15年もの間想われている早乙女だが、キラキラしている表の顔の一方で謎めいた裏の顔を持つ。

あわせて読みたい

松岡茉優のプロフィールを見る
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「松岡茉優、TBS連ドラ初主演 三浦春馬と初共演で“じれキュン”ラブコメ」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    この人はバイプレーヤーだと思う。有村架純に先を行かれてやりたい気持ちもあるのだろうが立ち位置はしっかりしていたほうがいいと思う。

    0
この記事にコメントする

「松岡茉優 + 映画」のおすすめ記事

「松岡茉優 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「松岡茉優 + 有岡大貴」のおすすめ記事

「松岡茉優 + 有岡大貴」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュース

次に読みたい関連記事「土屋太鳳」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月14日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松岡茉優 CM
  2. 松岡茉優 Instagram
  3. 松岡茉優 MC

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。