口笛の世界大会 初のネット開催へ 初代世界チャンピオンになれるチャンス

口笛の世界大会 初のネット開催へ 初代世界チャンピオンになれるチャンス
初のネット開催…国際口笛コンテスト「第1回グローバル・ウィスリング・チャンピオンシップ」
 国際的な口笛奏者団体「国際口笛演奏家ギルド(IWG)」は、新型コロナウイルスの影響で4月に神奈川で開催される予定だった世界大会の中止を受け、動画投稿によるオンラインでの国際口笛コンテスト「第1回グローバル・ウィスリング・チャンピオンシップ」の開催を決定した。世界中から参加者のエントリーを受け付けている。

 国際的な口笛コンテストは1974年、アメリカ・ノースカロライナ州で開催されて以来、世界各地で行われるようになり、今年4月には、神奈川県で世界大会が実施される予定だった。

 口笛は世界的に専業演奏家が少なく、これまでにも旅費などの費用や本業のスケジュールの都合でコンテスト参加を断念する奏者も多くいた。

 そこで、アメリカ、カナダ、日本の過去の世界大会入賞者を中心とした口笛奏者が「コロナ禍の今こそ、国や性別のみならず、移動やその経費、時間の都合など、すべての障壁のないコンテストを実現できないか?」と結束し、IWGを結成。完全な“プレイヤーズ・ファースト”の大会を企画した。

 参加者は自由に演奏曲を選び、口笛で演奏した4分以内の動画を提出。クラシック、ジャズ、プロ口笛奏者3人の専門家による1次審査を経て25人が本選に進出。動画はYouTubeで公開され、専門家の採点に加え、一般投票も受け付ける。

 既にアメリカ、インド、イタリア、イスラエルなどからの参加エントリーが寄せられ、日本を含む各国から問い合わせが来ているという。過去の世界大会では多数の日本人が優勝を含めて入賞してきたが、口笛奏者で日本口笛奏者連盟理事の口笛太郎氏は「口笛はピアノやバイオリンと違って、誰もが持っているお金がかからない世界共通の楽器。このようなエントリーに負担の少ないコンテストは初めてで、もしかすると今まで知らなかった国からとんでもない口笛吹きが出てくる可能性もある」と語っている。

 参加希望者は国際口笛演奏家ギルドのホームページからエントリーでき、有志による日本語の解説サイトも公開されている。参加費用は10米ドル(約1060円、PayPalでのクレジット決済)。コンテストの結果は9月3日「世界口笛デー」に発表。成績上位3名には賞品(トロフィーなど)が送付される。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。