山田孝之発起人で映画祭開催 志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが監督デビュー

山田孝之発起人で映画祭開催 志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが監督デビュー
発起人となって映画祭を開催する山田孝之 (C)ORICON NewS inc.
       
 俳優の山田孝之、阿部進之介、映画の企画・制作などの事業を展開するand picturesの伊藤主税らが発起人となって2017年にスタートしたサービス「mirroRliar」が新たな企画として若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合し、映画を作り上げるプロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』(ミラーライアーフィルムズ)が立ち上がった。16日には都内で、プロジェクト発表記者会見が行われ、山田、阿部らが出席した。

 年齢、職業問わず多くの人に映画製作のきっかけや魅力を届けるべく、一流監督から一般クリエーターまで、36人の映画監督による短編オムニバス映画を4シーズンに分けて製作。1stシーズンを2021年夏に全国劇場公開する。さらにシーズン2、3、4と3ヶ月ごとに公開し、4シーズン公開後に映画祭を開催。グランプリ作品には500万円の賞金が贈呈される。

 36本の映画のうち、24本は著名な俳優、映画監督のオリジナル作品が含まれる。この日は、12人の監督を発表。阿部、安藤政信(俳優)、井樫彩(映画監督)、紀里谷和明(映画監督)、志尊淳(俳優)、柴咲コウ(俳優)、柴咲コウ(俳優)、野崎浩貴(映画監督)、福永壮志(映画監督)、藤井道人(映画監督)、水川あさみ(俳優)、山下敦弘(映画監督)、山田が映画祭を盛り上げることとなった。このうち、阿部、安藤、志尊、柴咲、水川は監督デビューとなる。

 山田にとっては『ゾッキ』に続き、2作目の監督作品となる。意気込みを問われると「賞金もらえないから何でもやってやろうという感じ」と笑いつつ「何撮るか決めてない。5分から15分で予算も限られている。制限があるからこそ、アイデアで乗り越えて刺激的な作品を作れたらな」と力を込めていた。

 公募は、スマホで撮影された作品でも可能。一般公募作品の締め切りは来年2月28日まで。山田は「36作品のうち、僕らのは入らないので厳密にいうと34作品ですね」と訂正し、笑わせた。
オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「山田孝之発起人で映画祭開催 志尊淳、柴咲コウ、水川あさみが監督デビュー」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    米警察狂っとるなhttps://ja.wikipedia.org/wiki/ブリオナ・テイラーへの銃撃事件

    0
この記事にコメントする

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月16日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。