東出昌大の“あやしさ”を黒沢清監督が絶賛「出てきた瞬間に何かが起こりそう」

東出昌大の“あやしさ”を黒沢清監督が絶賛「出てきた瞬間に何かが起こりそう」
映画『スパイの妻』の舞台あいさつに登壇した東出昌大 (C)ORICON NewS inc.
       
 女優の蒼井優(35)と俳優の高橋一生(39)、東出昌大(32)、坂東龍汰(23)、黒沢清監督(65)が17日、都内で行われた映画『スパイの妻』(公開中)の舞台あいさつに登壇した。

 1940年、満州で恐ろしい国家機密を知ってしまった優作(高橋)は、正義のために、この秘密を世に知らしめようとする。妻の聡子(蒼井)は、反逆者と疑われる夫を信じ“スパイの妻”とののしられようとも、ただ愛する夫と生きることを心に誓う。しかし、太平洋戦争開戦間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…。

 本作で憲兵隊・津森泰治を演じている東出は役作りについて「満州に行って秘密がキーワードになる。戦争は、ずっと勉強してきた科学者が兵器を作って爆弾を作って…。医療従事者の方が細菌兵器とかを作って。時代のために人間の行いも、人の道から反している。あの時代のそういう人物になれればと思って」と“怖い役”を作り上げていったという。

 黒沢監督は東出について「僕は大好き」といい「あやしいんですよね。妖怪の“怪”のあやしさもあるし、“妖”のあやしさもある。あやしさを持っていて、出てきた瞬間に何かが起こりそうなところが大好き。そのあやしさをふんだんに発揮してくれました」と絶賛した。

 蒼井は「東出さんだからどっちに転ぶかわからないところがある。私たち夫婦のことを理解してくれるかも、という期待を持ってしまう。(東出自身が)柔らかい部分があるので、それは東出さんの個性だと思うし、その個性に動かされた部分がありました」と話していた。

 絶賛を受けた東出は「すごいうれしかったです。僕も黒沢監督の映画が好きで、あやしさ、曖昧さが好き。言語化するのは難しい感覚もありますが、いろんな作品を体験して吸収して自分のお仕事につなげたい」と意気込んだ。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「東出昌大の“あやしさ”を黒沢清監督が絶賛「出てきた瞬間に何かが起こりそう」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    相手の女の子だけ潰した。

    2
  • 匿名さん 通報

    見たい人が金出して見る映画ならいいんでない。うっかり見せられるテレビには映すなよ。

    2
  • 匿名さん 通報

    なんで東出を使って相手の子は使わないんだよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    安倍は、今回の「桜を見る会」、完全に公職選挙法違反!。検察特捜部は、何故、動かない? 大概にせえよ!!

    1
  • 匿名さん 通報

    独特の存在感が俳優としてのこの人の魅力。『相手の子』にはそれがない。簡単なこと。

    0
この記事にコメントする

「黒沢清 + 前田敦子」のおすすめ記事

「黒沢清 + 前田敦子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュース

次に読みたい関連記事「是枝裕和」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「園子温」のニュース

次に読みたい関連記事「園子温」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月17日の映画記事

キーワード一覧

  1. 黒沢清 前田敦子

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。