【麒麟がくる】「京~伏魔殿編」見どころは 信長vs義昭の「ピュア対決」

【麒麟がくる】「京~伏魔殿編」見どころは 信長vs義昭の「ピュア対決」
大河ドラマ『麒麟がくる』第27回(10月11日放送)で鎧をつけずに上洛を果たした織田信長(染谷将太) (C)NHK
       
 NHKで放送中の大河ドラマ麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、きょう18日放送の第28回より、「京~伏魔殿編」がスタート。足利義昭(滝藤賢一)を奉じて上洛を果たした織田信長だが、信長役の染谷将太は「滝藤さん演じる義昭を見て、はるかに恐ろしいピュアさを感じました(笑)」と語っており、「京~伏魔殿編」では、義昭と信長の方向性の異なる“ピュア”対決が見どころになりそうだ。以下、染谷のコメントとともに、見どころを紹介する。

 桶狭間の戦いの後、美濃をなんとか攻略した信長。かつて斎藤道三がいた稲葉山城に本拠地を移し、「岐阜城」と改める。そして、明智光秀(長谷川博己)の進言どおり、単独で義昭を奉じて上洛を果たした。

 染谷は「上洛した際、演じていて一番感じたのは、光秀への信頼でした。光秀に言われたことをやって悪い思いをしたことがないので、光秀に対して絶大な信頼を置いています。また道三が『大きな世を作る』と言ったことに対して、信長自身も大きな世を作りたいという思いが強まり、さらに上洛によって『大きな世を自分で作る』という大きな野望に向かっていったと思います」と、語る。

 見た目もヒゲを生やすようになり、顔つきに貫禄が出てきた信長。それは心情の変化も伴っている、と染谷は言う。

 「信長は、どんどん力をつけて強くなっていく中で、“全能感”とい いますか、怖いもの知らずになっていきます。戦に勝ってみんなから褒められることがうれしいという点はこれまでと変わりませんが、自分の目標だけに邁進していきます。少し前までは戦で仲間が死んで悲しいという感情もありましたが、今はそういう感情も欠けていっている気がします」

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + いだてん」のおすすめ記事をもっと見る

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事

「大河ドラマ + 西郷どん」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月18日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大河ドラマ いだてん
  2. 大河ドラマ 西郷どん

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。