映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の新キービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
       
 アニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の新情報が25日、解禁された。新PVや新キービジュアル、新キャスト情報が公開され、映画のキーパーソンである煉獄と主人公・炭治郎の敵である十二鬼月“上弦の参の鬼”の猗窩座(あかざ)役を石田彰が担当していることを発表した。

 31日より各劇場で見ることができるキービジュアルは、劇場版のメインキャラ・煉獄と猗窩座の戦いをイメージしており、煉獄の名せりふ「心を燃やせ」がキャッチコピーに。PVは煉獄と猗窩座の死闘を中心に、登場キャラクターの最新映像をみることができる。

 同映画にて、『鬼滅の刃』シリーズに初めて登場する新キャラクター・キャストも公開となり、猗窩座役の石田のほか、煉獄の父・煉獄槇寿郎役を小山力也、母・煉獄瑠火役を豊口めぐみ、弟・煉獄千寿郎 役を榎木淳弥が務めていることが明かされた。

 石田は「台本を拝見した時から、善悪はともかく、猗窩座は一本筋が通ったキャラクターであることは間違いないと感じていました。そして猗窩座だけではなく、煉獄も筋が通ったキャラクターです。その筋の違いでぶつかっている。その対比が面白いなと思っていました。是非、映画館で作品をお楽しみいただけると幸いです」とコメントを寄せた。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた人気漫画が原作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台。炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

 昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、“無限列車”に乗り込むシーンで“竈門炭治郎立志編”の物語が完結。最終話からつながる劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開。炭治郎たちが任された新しい任務は、煉獄とともに短期間のうちに40名以上の行方不明者を出しているという“無限列車”を捜索する。

 16日に公開されると、初日から3日間(18日まで)の興行収入が46億2311万7450円、動員数342万493人を記録するなど大ヒットとなっている。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アイシールド21」のニュース

次に読みたい関連記事「アイシールド21」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サクラクエスト」のニュース

次に読みたい関連記事「サクラクエスト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「破裏拳ポリマー」のニュース

次に読みたい関連記事「破裏拳ポリマー」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。