「惣菜は手抜き」論争に大手コンビニの見解は?「“手抜き”ではなく“手作り”感を追求」

「惣菜は手抜き」論争に大手コンビニの見解は?「“手抜き”ではなく“手作り”感を追求」
かねてから「クオリティ高すぎる」「結局一番おいしい」などの声が寄せられているセブン‐イレブンの惣菜シリーズ
       
 コロナ禍でコンビニ各社が約5割減の営業利益という打撃を受ける中、約1割減に留めたセブン‐イレブン。その理由の1つに、惣菜人気の増加とそれに合わせた“あえてのサイズ縮小”、陳列の変更があった。10年ほど前から他社に先駆け、惣菜に注力してきた同社。今ではコンビニ各社で充実したラインナップと高いクオリティを展開している印象だが、“セブン惣菜”は「おいしすぎる」「別格」とSNS等で度々話題になっている。そのおいしさの秘訣とは。ここ最近で、主婦がポテトサラダや唐揚げなどの惣菜を買うことに対して勃発した「手抜き」論争への見解も含め、商品本部FF・惣菜部総括マネジャーの羽石奈緒さんに聞いた。

■少子高齢化や女性の社会進出を背景に革新、「トレンドはあえて追いかけない」商品開発

 店舗によって品揃えは異なるが、現在セブン‐イレブンで販売されているトレー入りのお惣菜は約30アイテム。パウチ惣菜であるセブンプレミアムデリカ(以下/7Pデリカ)は主菜・副菜の合計で約50~60アイテムが陳列されている。

 近年では7Pデリカの“金のシリーズ”と呼ばれる『金の直火焼ハンバーグ』や、7Pデリカの『さばの塩焼』など、「セブンの惣菜最強」「結局一番おいしい」「企業努力の結晶なんだろうなというレベルで美味すぎ」とSNSなどで話題になっている。その商品戦略や店頭拡販のきっかけは2009年に遡る。「背景には当時の社会環境がありました。少子高齢化、女性の社会進出など。世帯人数が減少する中、コンビニのあり方も問われるように。そんな時、“近くて便利”というテーマと共に、「美味しいものが近くで買えたらいいよね」というニーズに答えていきたいところで手掛けたのが、お惣菜や7Pデリカの開発だったのです」(羽石さん/以下同)

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。