2020年度アニメ“愛された作品”ファン投票11・1開始 TAFF2021「みんなが選ぶベスト100」

2020年度アニメ“愛された作品”ファン投票11・1開始 TAFF2021「みんなが選ぶベスト100」
『TAAF2020』作品賞・テレビ部門を受賞したアニメ『鬼滅の刃』(c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
       
 国際アニメーション映画祭『東京アニメアワードフェスティバル 2021』(TAAF2021 池袋・2021年3月12日~15日)の「アニメ オブ ザ イヤー部門」におけるファン投票『みんなが選ぶベスト100』が、11月1日午後5時より公式サイトでスタートすることが発表された。

 「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、日本国内で上映・放送された作品の中から、アニメファンが選ぶ「アニメファン賞」、アニメ業界のプロが選ぶ『これは観ておきたい』と思う「作品賞」、『この人に注目してほしい』と思う「個人賞」が投票で選ばれる。

 今年は、2020年度(2019年10月1日~2020年9月30日)の全上映・放映作品457作品の中からファンの投票によって、『2020年度にもっとも愛された100作』が選ばれる。「好きな作品」、「よかったと思う作品」、「ほかの人たちにも薦めたい作品」などの基準で、投票期間に、1人1回、映画・テレビ部門それぞれ3作品まで投票できる。※投票にはツイッターアカウントが必要。

 なお、過去『TAAF2020』のアニメ オブ ザ イヤー部門の受賞作品は、作品賞・劇場映画部門は『天気の子』、作品賞・テレビ部門『鬼滅の刃』、アニメファン賞は『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE キングダム』。

 2021年で8回目の開催となる『東京アニメアワードフェスティバル』は、2002年に「東京国際アニメフェア」の一環として行われた「東京アニメアワード」を独立・発展させた国際アニメーション映画祭。「次世代のアニメーション制作を担う人材の発掘・育成等を行い、東京のアニメーション文化と産業の発展・振興を図ること」及び「東京の魅力を発信し、東京の観光振興に資すること」を目的にしている。

 『東京がアニメーションのハブになる』を合言葉に、高いクオリティとオリジナリティに富む世界中の作品を東京で上映し、世界中のアニメーションを愛する人々との交流を図ること、クリエイターや観客に刺激と感動を提供すること、その感動や刺激を糧にアニメーションの新たな波を東京から世界へ発信することを目指す。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。