「かね」と「ぶっけん」がすべての世界…ファミコン版『桃鉄』で知った人間の怖さ

「かね」と「ぶっけん」がすべての世界…ファミコン版『桃鉄』で知った人間の怖さ
左/『スーパー桃太郎電鉄』(1992年/ハドソン) 右/『桃太郎電鉄』(1988年/ハドソン)
       
 ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げた芸人・フジタが、『ファミリーコンピュータ』のソフト=“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第19回のテーマは、「『かね』と『ぶっけん』がすべて…ファミコン版『桃鉄』で知った人間の怖さ」。

■フジタが感じるファミコン版と最新版の差とは?

 11月に最新作『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!』(2020年/KDE)が発売され、大ヒット。『有吉ぃぃeeeee!そうだ!今からお前んチでゲームしない?』『勇者ああああ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~』(共にテレビ東京)などでもプレイする様子が伝えられるなど、話題となっている“桃鉄”。その元祖となるファミコン版は今の形式とはだいぶ違う形だったとフジタは語る。

「1作目の『桃太郎電鉄』(1988年/ハドソン)は、“桃鉄”という看板こそついていますが、今のルールとはだいぶ違います。プレイヤー全員が同じ駅を目指さずに、目的地の駅がそれぞれ違ったり、まったく別物ですね。
 今の“桃鉄”のベースとなっているのが2作目の『スーパー桃太郎電鉄』(1992年/ハドソン)です。カードが生まれ、借金が生まれ、駅のマスにアクションが発生するようになり(プラスマス、マイナスマス、カードマスなど)、目的地から一番離れた人に貧乏神(ボンビー)がとりつくようになった。
 すごろくゲームとして1作目の『桃太郎電鉄』も面白かったですけど、『スーパー桃太郎電鉄』は、より競技性が増した印象です」

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月14日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。