中咽頭がん治療から復帰のペナルティ・ワッキー、85%からスタート 目指すは原点回帰「爆笑を取りたい」

中咽頭がん治療から復帰のペナルティ・ワッキー、85%からスタート 目指すは原点回帰「爆笑を取りたい」
中咽頭がん治療から復帰したペナルティ・ワッキーが今後の目標を語る (C)ORICON NewS inc.
       
 「僕が元気に表に出てやっている姿が、大病を患っている方々に勇気を与えられたらなというのは、闘病生活をしている時から考えていました。少し時間がかかりましたが、やっと、行動に移せるタイミングがきました」。中咽頭がんの治療のため、昨年6月から休養に入っていた、お笑いコンビペナルティワッキー(本名:脇田寧人/48)の表情は、マスク越しからでも決意のほどが伝わってきた。今月14日に公式YouTubeチャンネル『ペナルティちゃんねる』で復帰を報告し、相方のヒデ(49)と10ヶ月ぶりに感動の再会を果たしたワッキーが、がんが発覚した経緯、闘病中のこと、これからの目標を語った。

■がん告知直後は「ちょっと信じられなくて」 闘病中の支えはチョコプラ

 異変を感じたのは、昨年3月末だった。「左の首にしこりがあるのがわかって、近くの耳鼻科に行ったんですけど、わからなかったので、大きな病院で調べてもらったら、中咽頭がんだと。ちょっと信じられなくて、診察を受けた後、帰りの車でドキドキしていました。まだウソだろうなとも思っていた部分もありましたが、先生には何回も聞き直して『これはがんです』と言われたので、現実を受け入れましたけど、帰りの車の運転はままならなかったです」。

 帰宅を待っていた家族には、心配させまいと、自分がどんな症状かしっかり把握するまで、1ヶ月ほどは伏せていた。「嫁に伝えずに、ひとりで抱えていた時期はつらかったですけど、動揺させたくない、心配させたくないっていうのが一番でした」。相方にも入院のギリギリまで伝えていなかった。「最初に『がんなんだよね』って言った時は、すごく動揺していました。僕が高1、相方が高2の時に初めて会ったんですけど、その時から僕のことを一番近くで見てくれている相方にとっても、僕が病気とか大病というものとは、かけ離れた存在だという風に感じていたと思います」。

あわせて読みたい

オリコンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「中咽頭がん治療から復帰のペナルティ・ワッキー、85%からスタート 目指すは原点回帰「爆笑を取りたい」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    喉から首に転移って、、、すごく辛かったろうな。早く全快なさいますように!

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「ペナルティ」に関する記事

「ペナルティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ペナルティ」の記事

次に読みたい「ペナルティ」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月17日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。